壁紙の貼り具合のチェック-1

私事で恐縮ですが,先日,私に「 内覧会 」同行チェックの依頼が有りましたが,依頼者の御指定日には既に予定が入っていましたので,その旨をお伝えし辞退させて戴きました。

ですので,今回は「 内覧会 」同行チェックで私がかなり重点的に見る箇所の一つをこの場を借りまして,御教え致します。皆様にも参考になるのではないかと思います。

私が「 内覧会 」同行チェックでかなり重点的に見る箇所の一つは壁紙( ビニールクロス )
の貼り具合です。壁紙の貼り具合は購入された方が「 内覧会 」では舞い上がって,悪い所
に気付かずに,入居後に気になる箇所です。

更に申し上げれば,売主,設計事務所やゼネコンの竣工検査の緻密さの度合いが分る所だか
らです。

具体的に御説明致しますと,まず壁紙で最初にチェック致しますのが,リビング・ダイニングや廊下等の広い壁の壁紙のつなぎ目です。通常,壁紙は90センチ幅か1メートル80センチ幅のロール状になっています。

マンションの住戸内の様な狭い場所に於いては90センチ幅の壁紙を天井から巾木( 壁の最下部に取り付ける横方向に細長い板 )まで貼っていき,90センチごとにつないでいきます。

問題はこのジョイント部分( つなぎ目 )です。上手な内装業者( クロス屋 )が壁紙を貼りますと,素人さんにはどこにつなぎ目が有るかが全くわかりません。更に,住戸内の木製扉枠や巾木との取り合いの所にも上手に壁紙が貼られています。

処が,腕の悪いクロス屋さんが貼った壁紙は,先程申し上げたつなぎ目が黒い縦の細い線となって遠くから見ても,直ぐにわかります。この線の幅が広いと直せませんので,私が「 内覧会 」同行チェックを行った場合は,その壁一面全ての壁紙を貼り替えてもらいます。

何故,その壁一面全ての壁紙を貼り替えるのかと申し上げますと,その理由はつなぎ目の片方のクロスだけ貼替えますと,同じ品番の壁紙であってもロット( 製品単位 )に依って若干色が異なるからです。同じ壁面の壁紙がつなぎ目を境に,色が違ってしまうからなのです。

尚,つなぎ目の幅が約0.2ミリ以下程度であれば,上手なクロス屋さんに替えてもらって,そのつなぎ目を目立たなくし,更につなぎ目がどこに有るか分からない様にする処理は可能なので修正工事を依頼致します。壁紙の修正工事に於いてはなるべくはがさずに対応して戴いた方が綺麗に仕上がるからなのです。

今回は壁紙のジョイント部分のチェックのお話でだいぶ長くなりましたので,続きは次回に致します。

次回は「 壁紙の貼り具合 」の木製扉枠や巾木と壁紙の取り合い部分とのチェックに関してのお話を致しますので楽しみにして下さい。


----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る