「 隠蔽体質」の「 社内規定 」に唖然…その1。

先日「 現地同行 」チェックで,前回のコラム「 好感もてた,物件のホームページ。 」物件のチェックしてきました。

物件のHPが良くできていましたのでルンルン気分でおおいに期待して行きましたが,期待外れになってしまいました。

ここで,私の「 現地同行 」チェックの事前の段取りを御説明致します。

私の「 現地同行 」チェックでは依頼された方に,以下の文章をメール送信して確認して戴きます。

『 ○○様に御願いですが販売事務所・モデルルームには建築現場に置いてある設計図書一式(意匠図,構造図,電気設備図,給排水衛生設備図,空調換気設備図等)と同じ設計図書一式(意匠図,構造図,電気設備図,給排水衛生設備図,空調換気設備図等)を図面の抜け,省きが無く閲覧できる様に置いておく事を販売担当者に強く依頼し,確認しておいてください。

上記図面が完全に置いてありませんと私のチェックリストに完全に記入できませんのでこの件は是非よろしく御願い致します。

そして,この件は購入者ではない私の方からは依頼できないので○○様より強く依頼して下さい。 』

数日後,依頼者の方から「 好感もてた,物件のホームページ。 」物件売主からの回答が書いてある下記のメールが送られてきました。

『 本日「 現地同行 」チェック物件売主のご担当者様より,下記図面は社内規定上準備できないとの連絡がありました。

-矩計図(かなばかりず)
-建具キープラン
-建具表
-電灯,コンセント各住戸詳細図

との事です。「 現地同行 」の図面チェックは行えるのでしょうか? 』

これを見まして,私はこのディベロッパー大きくなっても未だに「 隠蔽体質 」は改善されていないのだな…って感じました。

上記の件で「 現地同行 」チェックを遂行するか迷いましたが,「 特記仕様書 」が有る様ですし「クオリティ ブック」も有る様ですので,「 矩計図 」は物件チェックには重要な図面ですが,「 特記仕様書 」と「クオリティ ブック」で補えると思い「 現地同行 」チェックを行う事に致しました。

ちなみに「 建具キープラン 」「 建具表 」が万が一無くてもモデルルームで採寸や仕上げが見られればチェックリストに記入できますし「 電灯,コンセント各住戸詳細図 」も販売図面集の各タイプ住戸プランに,電灯マークやコンセントマークが記入されていますので,これらもチェックリストに記入可能と判断し「 現地同行 」チェックを実施致しました。

この先はかなり長い文章になりますので,続きは次回御報告致します。


----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る