好感もてた,物件のホームページ

今回は新規分譲マンションの物件ホームページ( HP )でとても気遣いが有り,好感が持てたものが有りましたので皆様に御紹介致します。

私は毎日数件の新規分譲マンションのHPは必ずチェックしています。

通常,私のHPチェックはまず「 物件概要 」から見ます。この中の表記で「 立地 」が一番大切です。「 立地 」に関連して「 交通利便性 」が最寄り駅から徒歩10分未満か10分以上かを重要視致します。最寄り駅より徒歩10分超の物件ですとあまり丁寧には見ておりません。理由は独断と偏見になりますが私の持論であるマンションが戸建と違う最大のメリットは「 交通利便性 」が良い事で「 交通利便性 」がイマイチの物件は物件価値もイマイチだからです。

逆に最寄り駅より徒歩10分未満の物件の「 物件概要 」は隅から隅までじっくりチェック致します。具体的には「 物件概要 」の「 売主 」「 設計事務所( これはほとんどの物件で表記していません。 ) 」そして「 施工者 」をチェック致します。

それから「 総戸数 」「 構造・規模 」「 建築確認申請( 確認取得日 ) 」「 建物竣工日 」を見ます。おおまかに「 建築確認申請( 確認取得日 ) 」を着工月と仮定し「 建物竣工日 」まで何ヶ月あるかを計算して工期が適正かをチェック致します。

「 物件概要 」では最後に「 住戸価格 」を見ますが,ほとんどのHPは未定になっています。

上記内容をチェック致しますと「 物件概要 」は閉じます。

そして物件HPのトップページの上段にある帯状の項目に沿って各項目をチェック致します。特に「 配棟 」「 間取り 」「 設備・構造( クオリティ ) 」は入念にチェック致します。

「 間取り 」に関してはHPに載っている「 間取り図 」は全てチェック致します。「 間取り図 」を見ますと,例えば外壁や戸境壁が全て鉄筋コンクリート造か否かが判ります。このチェックはかなり重要なので欠かせません。

さて,これから物件HPに好感が持てた新規分譲マンションをご紹介致します。

その物件の「 物件概要 」は大雑把に申し上げれば,東京23区南西部で最寄り駅より徒歩3分の立地です。そして総戸数は30戸強,鉄筋コンクリート造地上9階建です。

この物件,総戸数が30戸強と小規模なのでHPでは「 間取り図 」は3タイプの住戸のみ掲載されておりました。しかしながら,その内の2タイプの「 住戸間取り図 」には全ての部屋に家具が想定配置されている図でしたので最初に感心致しました。これは購入予定者にとっては有り難い配慮です。

そして「 設備・構造 」のページを開け「 設備仕様 」や「 構造仕様 」を見ましたが,ほとんど同業他社と同じでした。処が,そのページを良く見ましたら一番下の所に『 「 設備・構造 」に関する詳しい資料はこちら DOWNLOAD』という表示がありました。早速,クリックして開いてみましたら,驚きました。

なんと,通常は販売事務所へ行かなければ渡してくれません「 クオリティ ブック 」がPDF形式で表示されていたのです。

その表示内容は「 売主の取り組み 」「 基礎・構造 」「 室内環境( 音環境・断熱仕様 ) 」「 環境性能( 空気環境 ) 」「 メンテナンス性( メンテナンス ) 」「 安心・安全( セキュリティ・防災対策 ) 」「 設備仕様( ユニバーサルデザイン・快適設備・インターネット環境・その他 ) 」「 住宅性能評価 」など8項目を18ページ使用しまして,イラストと説明文で,事細かく紹介していたのです。

このHPからアクセスした「 クオリティ・ブック 」を端から端まで全てを丹念に見ました。私はこの物件がとても良い物件と思えました。

今迄,新規分譲マンションの物件HPはかなり多く見ましたが「 クオリティ ブック 」がPDF形式で詳しく表示され,配慮の行き届いた物件HPを見たのは私にとっては初めてで感動し,とても好感が持てました。

売主がこの物件にかなり自信を持っている様子がうかがえます。私は近々,この様な配慮の行き届いた物件HPを作った売主の物件のモデルルーム・販売事務所を是非見るつもりです。多分,物件自体の配慮も行き届いたものだと期待しています。

できましたら,同業他社さんも見習って新規分譲マンションの物件HPは是非この様にして欲しいと思います。


----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る