マンション建築の「 設計・監理報酬 」は安すぎるのでは…。-2

前回は,総戸数50戸前後の小規模マンションの「 設計及び工事監理 」を受託しましたら「 設計及び工事監理 」報酬が安すぎるので,ファミリーマンションの商品企画等に時間をかけてはいられずに,ディベロッパーの言うなりのプランを早く作成し,早く着工して早く工事監理を終わらせる事で小規模な建築設計事務所は生き残るしかない現実をお話致しました。

大手の設計事務所でさえも小規模マンションの「 設計及び工事監理 」を受託致しましたら,やはり「 設計及び工事監理 」報酬が安いので赤字になり,最近は大規模マンションしか受託しない様にしているとの事も前回お話致しました。そして, 大手の設計事務所は更になるべくマンション以外の事務所ビルや商業ビルの「 設計及び工事監理 」の受託を多くする様にしているそうです。

日本では建設会社が施工のみでなく「 設計及び工事監理 」も行う会社が多いので,建築設計事務所の評価や存在価値がとても低く,特にマンションの「 設計及び工事監理」報酬はとても安いのです。

ディベロッパーが建設会社の設計部にマンションの「 設計及び工事監理 」を委託致しますと,設計コンセプトは工事費を如何に安くするかです。購入者にとって,あまりメリットは有りません。ですが私は総戸数50戸前後の小規模マンションの「 設計及び工事監理 」は大手の建設会社の設計部に受託した方が小規模な建築設計事務所が受託するよりは,ハード面に於いては経験豊富で優れていますので,その方が良いと思います。但し条件があります。それは商品企画,建物のデザインや住戸プラン等のソフト面や工事現場チェック等は大手の建築設計事務所に「 設計及び工事監理 」の監修を依頼する方がベターだと思います。

現在,私も「 設計及び工事監理 」の監修を主な仕事にしていますが,「 設計及び工事監理 」の監修の報酬は総工事費の約0.8%位で安いのですが,ソフト面とハード面の監修のみですので,あまりコストと時間が掛からずに何とか事務所維持可能です。

ちなみに,前回お話致しました,総戸数50戸程度のマンションの総工事費は約8億円です。この規模の物件の「 設計及び工事監理 」報酬は総工事費の2.2%~3%弱ですので約1,800万円~2,400万円弱です。「 設計及び工事監理 」監修の報酬ですと総工事費の約0.8%ですので約600万円強ですがコストや人件費は「 設計及び工事監理 」の約1/10で済みます。

私が大学を卒業し,大手設計事務所に入所した頃の「 設計及び工事監理 」の報酬は総工事費の額の大小に反比例し,「 設計及び工事監理 」報酬の%( パーセント )が決まっていました。すなわち,総工事費が高くなればなるほど「 設計及び工事監理 」報酬の%( パーセント )は低くなっていましたが,大雑把に申し上げても現在の約2~3倍でした。

現在の様にマンション建築の「 設計及び監理 」の報酬が安すぎる事が続けば,良いマンションを設計する人材がドンドンいなくなり,相変わらず羊羹の輪切り型で「 田の字型住戸 」プランが更に増えるでしょう…。

ちなみに,マンション等販売の仲介手数料は売買価格の3%プラス6万円です。これはあまりにも不公平です。「 設計及び監理 」の報酬は総工事費の2.2%~3%弱です。仲介手数料は売買価格の3%プラス6万円( 1戸当たり )です。

総戸数50戸程度のマンションの「 設計及び監理 」報酬は先程も申し上げました様に約1,800万円~2,400万円弱です。処が1住戸の販売価格が平均4000万円と致しますと,50戸で販売価格は20億円です。その3%プラス6万円( 1戸当たり )ですと6000万円プラス6万円×50戸( 300万円 )でトータル6,300万円にもなるのです。

作業量は「 設計及び工事監理 」の方が,仲介業務よりもはるかに多いのです。この辺りも「 国土交通省 」に改善して欲しいものです。

私は建築家の一人としてこの現状を何とか良い方向にする様に実際にマンションの「 設計及び工事監理 」監修の仕事を受託し,そこで成果を上げまして,ディベロッパーにマンションでも建築家の存在意義を再認識して戴き「 設計及び工事監理 」報酬や「 設計及び工事監理 」監修報酬のアップを御願いしたいと思っております。


----------------------------------------------
◇ 碓井建築オフィスによるサービスはこちらから
マンション購入相談/モデルルーム・現地同行チェック/内覧会立会い
http://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/index.html

連載コラム

特集

もっと見る