究極のホテルライクなマンションとは。-2

先回は私が過去に一流ホテルのプレジデンシャルスイートルームでの宿泊体験のお話を致しました。今週はその体験を基に究極の「 ホテルライクなマンション 」とはどういうものかのお話し致します。

ハード面では現在「 ホテルライクなマンション 」と謳っている物件の住戸プランは是非とも主寝室( マスターベッドルーム )内にバスルーム(バス・シャワーブース・トイレ・洗面)は最低でも設置していただきたいものです。更に欲を言えば夫婦別々のウォーク・イン・クローゼットの設置と冷蔵庫がビルトインされている,ミニキッチンが有ると便利です。1990年に私が設計しました,1住戸の価格が10億円のマンションにこれらのものを配置いたしましたら,とても喜ばれ売れ行きが良かったのです。

そして設備面では空気調和設備( 空調設備 )も必需品です。空調設備と単なる冷暖房( 俗にエアコンと呼んでいる )設備とは全く異なります。我国では冷暖房器をエアコン(エアーコンディショナー)と言っていますが,これは間違いです。

エアーコンディショナーとは外の新鮮空気を機械で強制的に取り入れて,室内の設定温度までに暖めたり冷やしたりして住戸内の各部屋,水周りや廊下に供給し,また各部屋,水周りや廊下の汚い空気を機械で強制的に外部に排気して放出する事です。当然外気と排気は熱交換してランニングコストを安く押さえさせます。

特に住戸価格が2億円超の「 ホテルライクなマンション 」と謳って分譲しているマンションの住戸プランや住戸設備では最低この2点は設置すべきだと思います。

また,エレベーターのコントロールもセキュリティーを鑑みて,IDカード又は住戸の鍵を「 カゴ 」内のコントロールパネルにタッチしなければ,自分の住戸階へ行けない様にすべきだと思います。

次にソフト面の方のお話を致しましょう。現在「 ホテルライクなマンション 」と謳って分譲しているマンションの中には「 コンシェルジュ 」が居てサービスを致しますと書いて有ります。処がそのサービス内容を見ますと稚拙なものばかりで「 ホテルライク 」というものが全く分かっていない感じが致します。

一流ホテルの「 コンシェルジュ 」は事前にタクシーの手配から電車の経路・時刻表の説明や長距離列車の指定席の予約取り,更に映画やミュージカルのチケットの入手,ハウスキーパー(室内清掃人)への住戸内清掃及びベッドメーキング等の指示の手配,そして宿泊客のコンプレイン(不満)の処理が主な仕事です。

私は超高級マンションに「 コンシェルジュ 」を置くならここまで徹底し,更に食事のケータリングサービス( 顧客の指定する所に出向いて食事を提供,配膳する事 )の手配まで行って欲しいと思っております。これらのサービスを行なう為には今後必要となるのが「 ハウスキーパー 」( 住戸内の家事使用人 )の常駐です。「 コンシェルジュ 」より「 ハウスキーパー 」に指示し,指示された住戸の住戸内清掃とベッドメーキングや食事の支度をさせて,更に洗濯物をランドリー会社に取り次いでもらえば完璧に近いと言えるでしょう。

この位のホスピタリティーが無ければ「 ホテルライクなマンション 」とは言えないのではないでしょうか…?

できましたらこれらのサービスに今後是非付け加えて欲しいのが以前御説明しました駐車サービスの「 バレット・パーキング・サービス 」( VALET・PARKING・SERVICE )です。
「 バレット・パーキング・サービス 」については,コラム#255の最後の所を参照して下さい。URLは下記です。
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/255

このサービスも今後は絶対に必要となります。今後「 ホテルライクなマンション 」を必要とし,好む層は団塊の世代の中の「 勝ち組 」で海外生活経験者の人達です。

これらの人達は今後高齢化し,そしてお金が有り,海外でこれらのサービスを経験した人達ですので,この位のサービスに払うお金は蓄えて持っています。

これらのサービスに支払うお金を蓄えて持っていますので,これらのサービスが万全なのが当然と思っている人達ではないでしょうか…?

特に都心部のタワーマンションの上層階を購入している顧客は団塊の世代の富裕層が多いと聞いております。

現在,団塊の世代は子供が独立して夫婦2人だけの世帯なので,もっと文化の刺激の有る都心部での生活に憧れが有ります。

今まで住んでいた都内の高級住宅街の戸建住宅を処分しての買い換え層( 第3次取得層 )です。団塊の世代は約200万人のボリュームゾーンです。

この大きなターゲットの中の富裕層が快適なゆとり有る生活を良く研究していますので,それらの富裕層に好まれるマンションが「 ホテルライクなマンション 」ではないかと思います。

再度申し上げますが,団塊の世代の富裕層はほとんど海外生活を経験した人なのです。「 ホテルライクなマンション 」と謳っているマンションの住戸プランやソフト面のサービスが上記の様で無く中途半端なものは避けるでしょう…。

住戸価格が2億円超の「 ホテルライクなマンション 」と謳っているマンションを購入する場合は,最低でも一流ホテルの「 スイートルーム 」と同程度の住戸プランとサービスになっているかを確かめる事をお勧め致します。

連載コラム

特集

もっと見る