ティピカルタイプ住戸は重要

今回はマンションを選ぶ際の重要なポイントのひとつを御説明致します。

我々,マンションの設計者は新規分譲マンションの商品企画及び基本計画の時にはまずコンセプトを決めます。そしてそのコンセプトを反映させたティピカルタイプ住戸の間取りを一番初めにプランニング致します。

ティピカルタイプ住戸とはそのマンションの代表的な間取りの住戸で,一番戸数が多い住戸の事です。

まず,販売事務所に行きモデルルームを御覧になった後に「 物件資料一式 」( メインパンフレット,販売図面集一式,や価格表等 )を貰って下さい。そしてその中の価格表を見て下さい。

価格表は通常,建物立面図の様な図が有りその中に各タイプの名称,専有面積と価格が記入されています。この価格表を良く見て,住戸タイプで一番戸数の多い住戸タイプを探して下さい。

それが,そのマンションのコンセプトを反映させたティピカルタイプ住戸なのです。
ティピカルタイプ住戸のプランニングはそのマンションの設計者が一番気合を入れて作った住戸プランです。そのティピカルタイプ住戸の間取りを良くチェックして下さい。

そして,御自身の求めていた様な間取りになっていましたら,そのマンションとは相性が良いので買いです。更に言えば,ティピカルタイプ住戸の価格はそのマンションの代表的な価格になっているケースが多いのです。

ただ,気を付けて戴きたいのは多くの場合,モデルルームにしている住戸タイプは往々にしてティピカルタイプ住戸でないのです。もっと広い住戸タイプですので,販売員の方にティピカルタイプ住戸との仕上げ等の違いを聞いておく事が大切です。

連載コラム

特集

もっと見る