サッシュの結露対策チェックを…。

今回も先日このコラムの読者から新規分譲マンションの「 サッシュの結露対策 」に関しての御質問を戴きましたので,その件に関しての御説明を致します。

丁度,これから寒くなり窓ガラスに結露が発生する時期になりましたので,ベストタイミングだと思っております。

最近の新規分譲マンションの7割程度の物件では,住戸内窓ガラス全てにペアーガラスを採用いたしております。

処が,質問者の方が購入を予定されているマンションの住戸内窓ガラスは,シングルガラスが標準仕様なのです。しかし,オプションでペアーガラスに替える事ができるそうです。この様なオプションメニューは,かなりレアーなケースです。

できましたら住戸内全てのガラスがペアーガラスですと良いのですが,ペアーガラスは高額なので,マンションの価格全体が高くなります。ですので事業主( 売主 )がペアーガラス装着はオプションにされたのではと推測致します。

さて,サッシュのガラスで一番多く結露が発生いたしますのは「 掃出し窓 」の大きさでシングルガラスの「 嵌め殺し窓 」( FIX窓 )です。特にガラス面積が広くなればなるほど結露の発生量が多くなります。

ペアーガラスの「 嵌め殺し窓 」で,24時間換気をしっかりと行っていれば,結露はかなり防げるはずです。

しかし,寒い冬の時期は多くの方が24時間換気の吸気口から入る新鮮空気が冷たい為に吸気口をほとんど閉じてしまって,結構結露を発生させている様です。

この結露対策として,サッシュメーカーは次の様な部品を用意しています。大雑把に申し上げますと「 嵌め殺し窓 」部屋内側下端のアングルピース( サッシュ下端固定金物 )の形をコの字型を上向きにした様な形にし,大型結露受け金物と兼用しています。そしてその結露受け金物に溜まった結露水を外部に出す,穴の空いた「 結露受けキャップ 」を設置し,外部に結露水を排水する様にしています。

尚,「 掃出し窓 」で引き違いタイプのサッシュのガラスに付いた結露水は下に落ち,動くガラス入りの窓枠( 俗に障子と言う )とサッシュ枠下端に隙間が有り,そこより結露水は下に流れ,レールに落ち,レールより外部に排水する「 穴 」等を設けて対処しています。

それでも大きい引き違いタイプの「 掃出し窓 」は結露水の発生量が多いので,部屋内側下端のアングルピースは先程と同様な形で更に深くし,床のフローリング等の仕上げ材に流れてこない様にしています。

上記の御説明は最近のサッシュメーカーが対処しています最低の結露対策の仕様です。良いサッシュメーカーはもっと良い結露対策仕様を用意しています。

最近はほとんどの御家庭で冬場は「 加湿器 」を使用されていますので,新規分譲マンション購入の際には,モデルルームでサッシュ結露対策の有無及び仕様と住戸の外部に面するガラスが全てペアーガラスか否かは絶対にチェックして下さい。

購入し,入居後にはペアーガラス変更やサッシュ枠形状変更は共有部分ですので,区分所有法に依り,不可能なケースが多いので充分注意して下さい。

連載コラム

特集

もっと見る