マンション住戸内に「 金庫 」は必要か…。

先日,昔準大手ディベロッパーで分譲マンションの企画及び販売を行なっていた友人と久々に会い,旧交を温めました。

彼は昔から『 マンションの住戸内に「 金庫 」は必要 』が持論の人で,先日会った時も「 金庫 」の話で盛り上がりました。ちなみに彼は文京区の由緒ある家柄の長男で大地主なのです。

バブル時に御父上様がお亡くなりになった時には数億円の遺産相続税を払わなくてはならず,未だに分割して納税しているそうです。その彼は昔『 マンションの住戸内に「 金庫 」は必要 』と常々言っていましたが,採用されませんでした。

彼は資産家の家柄で「 金庫 」が有りましたので,準大手ディベロッパーに在籍し,分譲マンションの企画及び販売を行なっていた頃にマンションの住戸内にも「 金庫 」が必要とよく言っていましたが,私の様な庶民には必要無いと思って,その件は無視していました。

20数年前に,彼の「 金庫 」必要論を裏付けた事が有りました。私は,彼の既存の家を壊して建て替える時に彼の住宅の設計・監理を依頼されました。その時の設計条件として先祖代々の既存の「 大きな金庫 」が納まる場所の確保と「 金庫 」の重さに耐えられる床と基礎補強をして欲しいと言われ既存の「 大きな金庫 」を見てびっくり致し,ナルホドと思いました。そしてその様に彼の住宅の設計を致しました。

彼は先日会った時も「 何故マンションの住戸に金庫を設置しないの…?」と聞かれたので,私は「 そうですね。私も数年前に治安が悪くなってきたので小さな固定できる“ 防盗金庫 ”を買ったから,そろそろマンションの住戸内にも必要ですね。今度,設計コンサルタントしている中堅ディベに提案してみますか…。日本もかなり治安が悪くなってきましたので…。 」と返事をしました。

確かに現在の日本はかなり不況になり,それに伴い治安も悪くなっています。我家も小さな固定できる「 金庫 」に実印,印鑑証明発行カード,土地と建物の権利書,貯金通帳,パスポートや若干の非常時のお金等,大切な物を保管しています。以前は取引銀行の「 貸し金庫 」を借りていましたが,中身の出し入れが面倒なので止めました。

私の家は戸建のボロ家ですので,空き巣や泥棒に入られた経験は有りませんが,万一火事になってもこれらの大切な物は耐火性能もある「 防盗金庫 」に入れておけば,燃えずに助かります。
ちなみに家庭用の金庫には「 耐火金庫 」と「 防盗金庫 」が有るのです。大きな違いは「 防盗金庫 」は耐火性能プラス盗まれにくい仕様になっています。但し重量が重く100kg位有りますので,床板を若干補強した方が良いと思います。

そして,私の経験から申し上げますと,大切な書類等は1ヶ所に保管しておりますと,とても便利ですし安心です。年を重ねますと,度々大事な書類を収納した場所を忘れてしまうのでその点でも一家に一台「 金庫 」は必要だと感じています。

先程の彼が言っていました様に,戸建だけでなくマンションはセキュリティーが良いと言っても住戸内に「 金庫 」は必要な時代になってきたと思います。前開きの「 A4サイズ 」以上の書類が収まり,建物に固定可能な「 金庫 」が良いのではないかと思います。寸法は外形の幅,高さ奥行き共,約60センチ程度の大きさが良いと思います。絶対に泥棒に持っていかれない様,床に「 金庫 」が固定可能なものを選んで下さい。この大きさの金庫でも床に固定するのは至難の業ですし床板補強も必要です。

新築マンションの場合でしたら「 金庫 」設置のプロが引き渡しまでに床補強や固定等を行なってくれると思いますので,今後の新築マンションにはディベロッパーにとっても,購入者にとっても絶対にお奨めなオプションだと思います。

設置場所は「 主寝室 」の「 物入れ 」か「 ウオーク・イン・クロゼット 」内が使い易くて良いと思います。既にマンションにお住まいの方は,置き場所の床板の補強が大切ですので「 金庫 」購入時に販売店に相談が必要です。

マンションディベの方や既にマンションに御住まいの方も,大震災に備える意味でも御一考されると良いのではないかと思います。

連載コラム

特集

もっと見る