「 開口部の高さ 」は身長プラス30センチ以上が適正寸法

このコラムは今回で400回( 400号 )を迎えました。これもひとえに御読み戴いている皆様の御支援のお陰だと心より御礼申し上げます。

今回は400号にちなんで,建築設計の王道のお話を致しましょう。

最近の高層及び超高層の新規分譲マンションを見ますと共通点が有ります。

それは,階高( 1階層の高さ )が低くなっている事です。階高を低くする事は,天井高を低くする事と異なり,購入者が気付かない所で最も安易に工事費を削減できる所です。

階高を低くし,住戸内全てを二重床にせず,水回りのみ一部分を二重床にすれば天井高は稼げますので,購入予定者は気付きません。ならば工事費が安くなって,売値も安くなるのだから「 それで,いいジャン 」って思う方はこの先を読まれても時間の無駄ですので,ここで読まれるのを止めた方が良いかと思います。

この様な建築に関する価値観の方が多いので,最近の高層及び超高層の新規分譲マンションの売主は何のやましさも無しに安易に階高を下げ工事費を安くした物件を供給して利益を上げているのです。

尚,過去にこのコラム29号,30号で階高の重要性を御説明いたしましたので御覧下さい。
URLは以下です。
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/29
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/30

そこで,これからマンションを購入しようとされている方に少しでも,建築的に良い物件を選んで戴きたいと思いまして,今回は建築に疎い方でも階高の低さが簡単に分かる所を御教え致します。

その場所は住戸玄関扉の高さです。モデルルーム・販売事務所に行きましたら,まず住戸モデルルームの玄関扉の高さを測って下さい。測定するのには,モデルルーム・販売事務所には必ずスチールテープ( 巻尺 )が置いてありますので,それを借りれば良いのです。

そして,玄関扉の高さが1m90cmでしたらそのマンションの階高はかなり低いのが分かります。その様な階高がかなり低いマンションの売主は建築に関するこだわりや価値観が低いのです。その様な売主が事業化しているマンションは階高だけでなく,他の目に見えない部分の仕様もかなり落としていると思われますので,今後候補から外した方が良いと思います。更に将来のリセールバリューもかなり落ちると想像できます。

別の物件で玄関扉高さを測りまして,1m95cmでしたらその物件も階高が適正階高では有りませんので,なるべく避けられた方が賢明です。理由は後で御説明致します。

そして,次の物件の玄関扉高さが2mでしたら,適正階高を確保していますのでまあ合格です。玄関扉高さが2mでも玄関扉枠内の内法有効高さは1m95cm強程度ですのでギリギリ合格というところです。

尚,住戸内の木製扉の高さは上記三つのケースでも2m以上は確保できますので,参考になりません。

さて,私が何故玄関扉の高さにこだわるのかと申しますと「 人間工学 」上では出入りする開口部の高さは身長プラス30cm以上が望ましいと「 建築設計資料集成 」に書いてあります。

日本人男子の平均身長は1m70cmを結構超えましたが,例え1m70cmとしてもプラス30cmで出入りする開口部高さは最低2m以上確保すべきなのです。今後更に日本人の平均身長は高くなりますし,玄関の開口部を通る時には靴を履いていますので最低でも身長プラス3センチ弱は高くなります。

これらの事を配慮致しますと住戸玄関開口部の内法有効高さを最低2m以上確保するのが,これからのマンションのスタンダードになれば良いと願っています。そのためには玄関扉高さ2m10cmは最低確保して欲しいと思います。

ちなみに,欧米では大衆向けのコンドミニアムの玄関扉の高さは最低でも7フィート( 約2m10cm )を確保しています。バブル時にグアムで建てるコンドミニアムの設計・監理を行なった時に現地のアメリカ人が教えてくれました。ですので,私が設計・監理致しましたコンドミニアムは大衆向けでは無かったので,玄関扉の高さは7フィート6インチ( 約2m25cm )に致しました。

我国でも「 高級マンション 」( 億ション )では,玄関扉高さが2m10cm以上確保している物件が多々あります。しかし,売値1億を超えた「 高額マンション 」では未だに玄関扉高さが2m以下の物件が売られている事は非常に嘆かわしい事です。その様な「 高額マンション 」は将来のリセールバリューはかなり下がるのではないかと思います。

この様な「 高額マンション 」の売主の建築的な価値観を疑ってしまいます。尚,「 高級マンション 」と「 高額マンション 」の違いも以前,このコラム129号で御説明していますので御覧下さい。URLは以下です。
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/129

御参考になれば幸いと存じます。

連載コラム

特集

もっと見る