エレベーターへのセキュリティー配慮不足

最近の新規分譲マンションのセキュリティーはダブルオートロックシステムが多くなり,治安が悪い地域でもかなり安心して住める様になりました。

処が今回は,エレベーターへのセキュリティー配慮不足の物件が有りましたので御報告致します。

まず,ダブルオートロックとはマンションのエントランスホールに入る最初のセキュリティーチェックである引き分け型のオートロック扉と,1階のエレベーターホールの所をガラス壁等で囲いオートロック扉を設置してダブルでセキュリティーチェックを行なって安全を確保したものです。

先日,知人よりタワーマンションを購入したからチェックして欲しいと依頼が有り,見にいきました。

そのマンションは地上30階強で総戸数が300戸弱の大規模マンションでした。そして,売主はマンション業界のフラッグシップ的存在の超大手ディベロッパー1社でした。設計及び施工も大手ゼネコン1社で以前私が数回付き合った事のある良い会社でした。

住戸内のチェックが済んでから,知人の奥様から「 碓井さん,エレベーターをみてくれませんか…。 」と言われたので行ってみました。ちなみにこのマンションもダブルオートロックシステムになっています。

そしてエレベーターホールに行きましたら,エレベーターは総戸数300戸弱なのに,僅か4基でその事にまず驚きました。そして奥様が「 あのモニターテレビを見て下さい。 」と言われ,人が乗って動いているエレベーターの扉脇のモニターテレビがオンしていましたので,そのモニターテレビをよく見ました。モニターテレビにはエレベーターのカゴ( 人が乗って昇降するケイジ )内の様子が画面に映し出されていました。そのモニターテレビを更によく見ましたら,その動いていたエレベーターのカゴに乗っていた数人の中の1人の女性が降りた階数がカゴ内の表示パネルより小さく見えました。

恥ずかしい話,男性の私はそれには何とも思わなかったのですが,女性は敏感です。特に最近,マンションの中で女性が同じマンションの住民に殺害された事件が有りましたので,知人の奥様はこのモニターテレビを見てとても心配していました。

この事はすなわち,もし同じマンションにストーカー的な居住者が居ましたら,その不埒な輩が以前から目星をつけていた女性が降りた階数が分ってしまい,とても危険です。このマンションはエレベーターホールのカゴ内防犯カメラが人物と停止階数をモニターテレビに映してしまっているのです。

最近のマンションはエレベーターホールに動いているカゴの位置( 階数 )表示をセキュリティー重視の為に行なわなくなってきました。このマンションもその事には気遣っていました。

最近,日本も非常に治安が悪いので,先程書きました様な事件が多いので,早速そのマンションの売主に実際に見てもらって感想を聞きました。回答は木で鼻をくくった様な回答で「 ダブルオートロックですから大丈夫ですよ。 」とピント外れのものでした。

私は「 ダブルオートロックでもこの様なモニターテレビですと,性悪説で言えば,同じマンションに住んでいる人が被害者や加害者になるのですよ。この事を御社内で検討し,改良方法を書面で伝えて下さい。 」と御願い致しました。この売主,とてもプライドが高く購入者に対して「 上から目線で話をする 」事で業界でも有名な会社です。どの様な回答が来るか楽しみです。

このマンション今年の7月末日に引渡しなのですが,総戸数300戸弱の内売れたのは公称約半分という事でしたので未だに売主が常駐していました。ですので直ぐに売主と交渉できたのです。

マンションのセキュリティーシステムに関しては,女性の方はかなり敏感です。今後,新規分譲マンションの商品企画時点には男性だけでなく,女性も参加されて発言された方が万全に近いセキュリティーシステムの構築ができると思いました。

私も今後,新規分譲マンションの「 設計監修 」業務や「 現地同行チェック 」業務での図面チェックでは今回の件を充分に生かさなければならないと痛切に感じました。

尚,マンションが戸建より優れている比較重要項目の第1番目が「 セキュリティーが良い 」という事です。

連載コラム

特集

もっと見る