「 リビング・イン洗面所タイプ 」は見合わせた方が賢明

前回,379号『 「 旗竿型LD 」に要注意。 』のコラム最後の方で『 「 旗竿型LD 」の廊下状スペースから直接,洗面所・浴室に入る「 リビング・イン洗面所タイプ 」が有りますがその様な物件は見合わせた方が賢明です。「 リビング・イン洗面所タイプ 」を見合わせた方が賢明だという理由については次回詳しく御説明致します。 』と御約束いたしましたので今回はその事に関して御説明致します。

「 リビング・イン洗面所タイプ 」とは読んで字の如く,リビング・ダイニングルーム( LD )より直接出入りします「 洗面脱衣室・浴室 」の事です。

「 リビング・イン洗面所タイプ 」の住戸は女の御子様がいらっしゃる御家庭には向きません。その理由は入居時に御子様が3歳~4歳位で幼児でもあっと言う間に,女の子から女性になってしまうからです。

そうなりますと愛娘は父親や男兄弟がLDにいますと,入浴するのを躊躇致します。特に入浴後は下着姿では浴室から出ますと,父親や男兄弟の視線をモロに浴びますので,キチンと部屋着姿で出なければなりません。誰でも夏の暑い日等,入浴後は下着姿で「 洗面脱衣室・浴室 」から出たいものです。

その為に愛娘の入浴は父親や男兄弟がLDに居なくなった夜遅くにするか,朝早く( 朝シャン )になるのです。

更に申し上げれば母親が御若くて,息子が思春期ですと同様の現象がおきますし,LDに客が来ていれば,家族は入浴できません。また父親が入浴後にパンツ一丁で,洗面脱衣室よりLDに出て行きますと,愛娘からは軽蔑の目でみられます。

上記の理由で私は「 リビング・イン洗面所タイプ 」になっている住戸は購入を見合わせた方が懸命だと思っています。

但し「 リビング・イン洗面所タイプ 」でも2方向に出入口が有り,LD側だけでなく廊下側にも出入り扉が有る場合は問題ございませんので上記の様な危惧は生じないと思います。

マンション購入予定者の方々,住戸プランを良く見て「 リビング・イン洗面所タイプ 」になっていればその住戸は見合わせて,他の住戸タイプにした方が賢明だと思います。

連載コラム

特集

もっと見る