依頼者にテストされた私の「 購入相談 」

先日行なった,私の「 購入相談 」のお話をいたします。

「 購入相談 」の依頼者A氏は40代半ばの,教師をされている方でした。

御会いして着席するなり直ぐに「 申し込みフォーム 」に書かれていた相談物件について私の見解を問い質してきました。私は事前に「 申し込みフォーム 」に書かれていた相談物件のHPを隅から隅まで見てチェックしていましたので「 この相談物件は,先日コラム376号で書いた超大手デベZ社のブランドですが,中身はX社の内容です。私の評価では必要最低限な仕様を満たしていませんので,私の独断と偏見で申し上げますとお奨めできません。 」と申し上げました。

それを聞いてA氏は「 実は最初に私は碓井さんをテストしたのです。ある方から聞いたのですが,碓井さんはZ社の物件は特にとても評価が良いと言っていましたので,このZ社の物件は良いですよ…と言われるだろうと予想していました。これで碓井さんがデベのポチでは無い事が分かりましたので信用致します。すいませんでした。 」と説明し,謝ってくれました。

A氏は過去に数件のマンションの「 購入相談 」を数社のコンサルタント事務所に依頼致したそうです。そして私の様にはっきりとお奨め致しませんと言われた事が無かったそうです。その後,相談物件が必要最低限な仕様になっていない事を具体的に御説明致しました。

私の説明後に,A氏は「 ほとんどのコンサルタント事務所の回答は大手一流のマンションだから,購入しても良いのではないですか…とか,物件内容があまり良くない場合は最寄り駅から徒歩10分以内だから希少価値ですよ…と言ってなるべく相談物件を購入させる方向へ導いていくのです。その様に回答をしないとこの不動産業界では生きていかれないのかなと感じました。そして妻が碓井さんのコラムを見て物件相談したら…と奨めたので“ 購入相談 ”を申し込みました。しかし,今迄の事がトラウマでどうせ同様の回答だと思っていました。」と付け加えて言われました。

私はA氏の言葉を聞いて「 数社の不動産コンサルタントの立場はほとんどAさんのおっしゃる通りです。彼等はデベに不利な回答をしますと,往々にしてそれがデベに伝わりモデルルーム・販売事務所で講演等の依頼が無くなり物件の情報が入って来なくなるのです。私がいい例です。私が1人でモデルルーム・販売事務所に見学に行きますと,嫌な顔で対応され,販売パンフレット一式はまずもらえません。デベに依っては見学等までも断られる場合が有ります。ですので私は“ 現地同行チェック ”依頼が有りますと依頼者( 購入予定者 )の方と一緒ですので,デベは表向きは嫌な顔をせずに対応をしてくれます。“ 現地同行チェック ”ではゆっくりとモデルルームのチェックや設計図書の精査ができるのです。 」と申し上げました。

それを聞かれたA氏は「 往々にして不動産コンサルタントの方々はデベに耳障りの良い評価をしないと仕事が無くなるのですね…。碓井さんは,はっきりとダメなものはダメと物件やデベの評価をしているのに,どうして食べていけるのですか? 」と質問してきました。

その質問に対して「 私の現在の本業は“ 設計監修 ”や“ 設計コンサルタント ”ですのでそちらの収入で生計をたてています。その本業の経験,それと過去にマンションを何十棟も設計・監理を行なった経験のもとに“ 購入相談 ”“ 現地同行チェック ”や“ 内覧会同行チェック ”を行っています。その本業の経験や過去の経験に基づき,依頼者の方にかなり正確に物件評価,デベ評価やゼネコン評価と施工チェック等のお伝えができるのです。私の“ 購入相談 ”“ 現地同行チェック ”や“ 内覧会同行チェック ”の料金が巷では高いと言われているのは,回答内容には私なりにかなりの自信があるからです。 」とお答え致しました。

その後,A氏とは気持ち良くマンションの話しができ,あっという間に3時間強の時間が過ぎてしまいました。尚,私は「 購入相談 」「 現地同行チェック 」や「 内覧会同行チェック 」で1~2時間程度延長しましても,延長料金は戴いておりません。

A氏は最後に「 碓井さんに“ 購入相談 ”して良かった。真実の不動産業界の話や良いマンションの選び方が聞けました。有難うございます。私は教師なのでつい事前に碓井さんをテストして申し訳ございませんでした。 」と言われて帰られました。

今回の「 購入相談 」はとても快適でしたのでこのコラムに書かせて戴ききました。

連載コラム

特集

もっと見る