住戸プランで見落としがちな「 天井 」のチェック

大抵の購入者は,住戸タイプの善し悪しの判断は間取り図だけでチェックすることになります。
 
間取り図で,住戸内での動きを線( 動線 )で描いて考えてみますと,使いやすいかどうかがイメージできると思います。しかし,間取りの善し悪しは,動線のチェックだけでなく特に良くチェックされた方が良いのは「 天井 」なのです。

その理由は「 天井 」がマンションのグレードが一番よく表れるポイントだからです。
 
グレートの高い高級マンションの「 天井 」は,高くすっきり平らになっています。1階層の高さ( 階高 )が十分取られている為に天井板と上階のスラブ( コンクリート床板 )下の間の空間に大梁,小梁や給排気ダクトが収まるからです。要するに見栄えがよくないモノは「 天井裏 」に隠して,空間の雰囲気を良くしているのです。

一方,ファミリータイプのマンションになりますと,階高がそれほど十分ではない為に大梁,小梁や給排気ダクト等の梁型が住戸の天井の下側に張りだしていることが多いのです。この部分を「 下がり天井 」と呼んで,間取り図では「 点線 」で書かれています。

この「 点線 」は主に大梁,小梁や給排気ダクト等の梁型の位置を表示していますので,チェックがとても重要なのです。

ファミリーマンションに於いては,リビング・ダイニングルーム( LD )の天井の高さは2.45m~2.5mあれば合格です。しかし,大梁,小梁や給排気ダクトの梁型がLDや洋室の中央付近を堂々と横切っているような住戸もたまに見受けられます。この様な住戸が有るマンションを我々は俗に「 ギロチンマンション 」と呼んでいます。

この様な入居者( 購入者 )への無配慮な意匠設計,構造設計や設備設計の結果で「 下がり天井 」( 大梁,小梁や給排気ダクトの梁型 )がアチコチ有るのが分かれば,その物件の購入を検討し直したほうが賢明だと思います。

間取り図内に「 点線 」が多いと「 下がり天井 」が多いのです。その様な住戸は住戸内空間の見栄えが悪く,ギロチン状の梁型等がLDや洋室の中央付近に「 天井 」から下に30センチ~40センチ突き出ているのです。天井照明はこのギロチン状の梁型等に依って,部屋の中に影が出来てしまいます。
 
ファミリータイプのマンションでも,意匠,構造,設備をそれぞれ担当する設計者が打ち合わせを密にし,入居者( 購入者 )に配慮すれば「 下がり天井 」を住戸内の目立たないところに配置することは可能なのです。

住戸の「 天井 」には設計者・売主の「 購入者への配慮 」という「 良心 」が如実に表れる所です。

大梁,小梁等やダクトの位置は,リフォームで移動出来る部分ではありません。間取り図で,「 点線 」で描かれた「 下がり天井 」の「 位置 」と「 高さ 」をしっかりとチェックしてから,さらに購入を検討していくことをお奨め致します。

連載コラム

特集

もっと見る