完璧なマンションは皆無に等しい…。

完璧な人間がほとんど存在しない様に,完璧な分譲マンションもほとんど存在しないと言うのが私の持論です。

ついでに,建築家の私の独断と偏見で言わせて戴きますと,完璧かどうかをチェックする物件の中に,このコラム363号,366号に書きました内容のマンションは除外した方が良いと思います。検討の余地無しです。

私は現在「 設計監修 」業務や「 設計コンサルタント 」業務を主たる業務としています。

そして,現在行なっている「 設計監修 」業務,「 設計コンサルタント 」業務の経験や,過去約30年間にわたって約30社のデベと付き合い分譲マンションの商品企画や設計及び工事監理を行ってきた経験を元に「 購入相談 」業務,「 現地同行チェック 」業務や「 内覧会同行チェック 」業務も致しております。気楽に御依頼下さい。

さて,本題に戻り「 完璧なマンションは皆無に等しい 」と私が言った意味を御説明致します。

私のマンションの評価は建築的な事だけではありません。建築物の評価や立地条件,価格の妥当性等,全てをチェック致します。今までチェックしたマンション( 新規および中古 )で全て満点だったものはまず有りませんでした。例え建築物の評価点が高くても立地や環境が悪く,販売坪当り単価が異状に高い場合はその旨を購入予定者に伝えています。

しかしそのマンションの評価が悪くても「 買うな 」とは絶対に申し上げません。ただ「 お奨め致しません 」と見解を申し上げます。「 買う 」「 買わない 」の選択は私に「 購入相談 」や「 現地同行チェック 」を依頼した方が,私のマンションチェックリストの精査結果を見て,更にデベやゼネコンの体質の説明を聞き,総合判断をして本人が決める事です。

過去に私が失敗しました,まれなケースを披露致します。「 現地同行チェック 」で設計図書を隅々までチェック致し満点に近く,マンションが建つ現地周辺も良い立地と判断し,価格の妥当性も良く,デベ及びゼネコンの体質も良く完璧に近いマンションでしたので,依頼者に購入をお奨め致しました。

処が,半年後,そのマンションを購入された方から「 内覧会同行チェック 」を依頼されてそのマンションに行った処,未成工事部分がかなり多く「 内覧会同行チェック 」をする状況では有りませんでした。

デベにその旨を告げて「 後日に内覧会を致しましょう。 」と言いましたらどうしても本日行って欲しいとお願いされ内覧会チェックを行いました。案の定,工期が短く適正工期を確保していませんでしたので,工事が粗く施工精度がかなり悪かったので,大量の「 是正指摘修正項目 」がでました。「 内覧会同行チェック 」に8時間以上もかかりました。通常は5時間~6時間程度です。依頼者に奨めた私の責任も有りましたので,当然追加の延長料金は戴きませんでした。

この件以降,私はマンションの「 購入相談 」や「 現地同行チェック 」を行うにはかなり慎重になりました。全てが良くても,適正工期が確保されていない物件をお奨めする事は控える事に致しました。

マンションのチェックリスト内容の一つに「 適正工期を確保しているか 」を加えました。

再度申し上げますが,私の「 現地同行チェック 」では,最後に依頼者に依頼物件の詳しい内容と判定,立地の判定,価格の妥当性や事業主,ゼネコンの体質,全ての情報を報告致します。そしてその報告内容が依頼者の許容範囲内か否かを御聞きし「 完璧なマンションは皆無に等しいですよ。 」と申し上げます。

最終的に総合判断し,マンション購入を決定するのは依頼者ですので…。

そして,私は常に「 完璧なマンションはほとんど有りません。貴方の価値観の許容範囲内に収まっていれば,良しとしないと,いつまでもマンション購入はできませんよ。 」と申し上げています。

PS:「 100点満点の物件は無い-1,2,3 」というコラムを約7年前の2006年に,
このコラム80号,81号,82号に書いていますのでそちらも参考に御覧下さい。
URLは以下です。
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/80
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/81
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/82

連載コラム

特集

もっと見る