「 直床 」仕様のデベの質は…。

今回は私が行っています「 現地同行 」チェックや「 内覧会同行 」チェックで最近感じました事をお伝え致します。それは昨年後半より今年にかけて,異常に「 直床 」( じかゆか )仕様の新規分譲マンションが増えた事です。

私はこのコラムの87号から92号まで6回にわたって『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件 』の理由を細かく説明致しました。URLは以下ですのでまず御覧下さい。

87号『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件-1 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/87

88号『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件-2 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/88

89号『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件-3 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/89

90号『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件-4 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/90

91号『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件-5 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/91

92号『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件-6 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/92

上記の87号から89号と92号に「 直床 」仕様のディメリット詳しく書いていますので参考にして下さい。

これらのコラムを御読みになれば,お判りになると思いますが,未だに「 直床 」仕様のマンションを供給しているデベは全く購入者への配慮が欠けておりまして,利益優先しか考えていないレベルの低い会社が多いのです。

ちなみに,上記の理由の一例を挙げますと「 直床 」仕様に致しますと「 階高 」( 1階層の高さ )を下げられるので建物全体の高さが低くなり,購入者が気付かない所で工事費をかなり下げられるのです。
「 階高 」の大事さに関してもこのコラムの29号と30号で『 マンションは「天井高」より「階高」が大切 』と2回にわたり書いています。URLは以下ですのでこれも参考に御覧下さい。

29号『 マンションは「天井高」より「階高」が大切-1 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/29

30号『 マンションは「天井高」より「階高」が大切-2 』
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/30

何度も申し上げますが,マンションの仕様では『 「二重床」「二重天井」は必要最低条件 』なのです。

現実に先日「 内覧会同行 」チェックを行った物件は「 直床 」仕様で内覧会時点( 竣工時点 )でも総戸数がわずか約50戸未満の物件にもかかわらず完売しておらず15戸~16戸程度は売れ残っている様でした。

そのマンションの「 内覧会同行 」チェック後に1階の打ち合わせコーナーで修正指摘事項の確認をしました時にデベの設計担当者が同席され,人命に関わる大事な指摘事項に対して「 その工事を行う事は私では判断しかねます。 」と言い保留事項にすると言い張りました。未だに「 直床 」仕様のマンションを供給しているデベの設計担当者ですので,予想通りの回答でした。

私はもう何十件も「 内覧会同行チェック 」を行っていますが,人命に関わる修正指摘事項に関して保留事項になったのは初めてです。一流のデベ( 大手とは限らない )ですと「 当方その事に気付きませんで大変申し訳ございません。御指摘戴き有難うございます。直ぐに上司に報告し,説得し工事を致します。 」との回答が戴けます。

人命に関わる重大な指摘事項に関して,デベの設計担当者自身が判断できずに強引に保留事項にする様なデベの体質及び社員の質を疑ってしまいます。

尚,このデベの体質の悪さは業界では有名でして,過去に雑誌「 選択 」2003年9月号の記事で『 「 買ってはいけない 」マンション3社 』の1社に含まれていました。他の2社は2008年11月,2009年5月に「 ドボン 」( 倒産 )し,現在民事再生法を適用し,再生中です。この会社だけ「 ドボン 」していませんが,時間の問題だと感じました。

一流のデベがどんどん進歩しているのにもかかわらず,この会社はほとんど進歩していません。一流デベの体質を見習ってもっと勉強をして欲しいものです。 

連載コラム

特集

もっと見る