中古マンションのリフォーム可能範囲に関して…。

私は,新築マンションは入居して約10年~15年で売却し,新しいマンションか戸建に住み替えたほうが良いと持論です。
 
理由は以前も申し上げました様に築10年~15年というと,建物自体に大きな痛みはありませんが,この時期になりますと,エアコンや給湯器等の住宅周辺機器の交換が必要になってきます。

これらの住宅周辺機器は,建築内容の質の向上より,性能アップや使い勝手の向上の方が早いので,中古マンション購入を機に新製品に取り換えたいと思う方も多いのですが,お望みの住宅機器をすぐに使えるとは限らないのです。

例えば,給湯器です。15年前のマンションで,追い炊き機能なしの給湯器から追い焚き機能付きの新しいタイプに交換したいと思っても,ほとんど出来ません。古いマンションでは、ガス管が細い為に追い炊きに必要なガスの供給容量がとれないのです。

ガスの供給容量が足りたと致しても,浴槽と給湯器の間に新しい配管が必要になります。配管のためコンクリート壁に穴を開けるのは,管理組合の承認を取らなくてはなりません。
コンクリート壁は共有物ですので勝手に穴を開ける事はできないのです。

中古マンションで綺麗に維持されているマンション程,管理組合の管理規約が厳しく,勝手にリフォームはさせないのです。リフォームの内容と図面チェックを管理組合理事会で承認されなければならないのです。

この管理組合の承認無しで勝手にリフォーム工事を行いますと,管理組合より工事中止命令が出まして,現状復帰させられます。

この様に管理組合がしっかりしていませんと,勝手にコンクリート壁に穴を開けたり,床のカーペットより遮音性能の悪いフローリングに替えたり致します。そう致しますと下階の住戸から「 音が聞えて寝られない 」等のクレームが出て,住民関係が悪くなります。また,コンクリート壁に穴を開けるという事は共有物のコンクリート壁の傷みが早くなるのです。

更に,間取りの変更等で以前の間仕切り壁を壊して,別の場所に間仕切り壁を新設する場合は床スラブ( コンクリート造床板 )に,太い釘かボルトを打ち込みますので,管理組合の承認が必要です。特に水周り位置の変更は最近,管理組合の承認が得られません。

その理由は,下階住戸へ音が伝わり先程申し上げました様に下階住戸の住民が被害者になる可能性が高いからです。また,床スラブの中には電線の入ったパイプが縦横無尽に配管されていますので釘やボルトがパイプを貫通し,その中の電線に接触致しますと事故になります。

管理組合がしっかりして管理規約が厳しいと上記の様なリフォーム工事は承認致しません。
その代わりそのマンションは長期間にわたって,傷みも無く綺麗に維持できるのです。
 
以上の理由で私は「 マンション住み替えは約10年~15年で… 」と申し上げています。

しかし,お金や周辺環境や近所づきあいなどの関係からこまめに手入れをして同じマンションに長く住み続けたいという方も多くいらっしゃると思います。そのためのリフォームのポイントを説明しましょう。

あまりお金をかけずに効果が大きいのは、キッチンの流し台と洗面化粧台の取り換えです。場所は変えずに機器だけ交換なら約100万円前後ですみます。壁紙の貼り替え,塗装の塗り替えも見栄えは格段によくなり,将来的に売却するとしても,相場より若干高めになると思います。

間取りの変更は,管理組合から承認を貰うのは困難で結構お金がかかりますので賛成できません。3LDKを広いLDの2LDKにしたいという希望はよく聞きますが,中古市場の人気は低く将来売る時に値切られる可能性がおおいにあります。その点は充分に注意してください。

尚,リフォーム何でも有りのマンションは管理規約が厳しく無く,スラム化が早いのでその様な中古マンションの購入は避けた方が良いと思います。また,リフォーム何でもOKのリフォーム工事会社も避けた方が無難です。

ちなみに私事で恐縮ですが,私が約30年前に設計しました分譲マンションは入居者の維持管理意識が高いので,管理組合の管理規約が厳しく未だに綺麗に佇み,住戸の売りが出ますと,購入時の価格で直ぐ売れるそうです。

連載コラム

特集

もっと見る