2011年は大変な年でした

今年,2011年も,もうあと4日になりました。

今年は3月11日に今までに無い大きなマグニチュード9強の「 東日本大震災 」が起こりました。1万6千人強の方が亡くなり,未だ3千人の方が行方不明です。この方々は地震で潰された方や大きな津波に呑まれて亡くなられた方々です。被災地の方々にお見舞いを申し上げます。また,亡くなった方々には御冥福をお祈り申し上げます。

この「 東日本大震災 」に依って東京電力「 福島原子力発電所 」が壊れ,飛散した放射能が周辺の地域を未だに汚染し続けて人体,動物や穀物を蝕んでいます。この事故に依る影響は計り知れません。

東京電力は「 想定外 」の事故で天災だと説明していますが,私は「 想定外 」を「 想定 」して原子力発電所を設計するのが技術屋の使命だと思い憤りを感じています。

マンションの設計も同じです。「 想定外 」を「 想定 」して設計し,住民の安全を確保するのが建築家( 設計者 )の使命だと思います。

先月も2歳の子供の転落事故が発生致しました。母親がチョット目を離した僅かの間の事故でした。

私の独断と偏見で申し上げれば,事故が起きたマンションの設計者が「 想定外 」を「 想定 」して設計していれば,この事故は起きなかったと思います。

このコラムでは子供の転落事故が起きない様な仕様を何度も書き警告しています。その1つは腰窓の外部にバルコニー状の物が無い場合は,窓に開度調整器「 鍵付き開口制限ストッパー 」を設置すべきだと以前から申し上げ,最近では337号で具体的に申し上げました。337号と「 鍵付き開口制限ストッパー 」のURLは以下です。

https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/337

http://ebook.shinnikkei.co.jp/RMP770/pdf/0038.pdf

また,エアコン屋外機の2段積みにも警鐘を鳴らしています。エアコン屋外機の2段積みは子供がバルコニーに出た時に足掛りになり,バルコニーより転落する可能性が大きいのです。あまり報道はされていませんが,この様な結構転落事故の情報が私の耳に入っております。

上記の2つの事をみても「 想定外 」とは言えません。私は「 想定内 」だと思います。

約40年前にあるオフィスビルの避難バルコニーから転落死亡事故が有り,バルコニー手摺が脆弱で,設計者が「 業務上過失致死罪 」で逮捕された事がありました。この件は設計者がデザイン優先で安全性の確保の検討が欠如していたのです。

安全性の確保の検討に「 想定外 」は有り得ないと私は思います。

2011年で是非最後に申し上げたいのが,マンション業界で超大手デベが準大手デベを吸収合併した事に依る,品質の低下を私は警告したいのです。

具体的に申し上げますと,超大手デベブランドの物件の「 現地同行 」チェックを依頼されて,設計図書をチェック致しますと,吸収された準大手デベの「 イマイチ 」な仕様になっているケースが度々有りました。

これでは超大手デベブランドも信用できなくなります。長年培った信用を一瞬で落としてしまいます。信用を取り戻すには10年以上かかります。一刻も早く超大手デベの仕様に統一すべきだと思います。もし超大手デベの仕様に統一できないのであれば,マンション名を変えるべきです。

ちなみに私事で恐縮ですが,約10年前に私は娘にこの超大手デベの物件を奨めて頭金を援助し,娘に購入させた事があります。入居後3年強で,孫が世田谷区に有る名門幼稚園に入園でき,そこからは通えないので止むを得ず転売いたしました。娘は未だに良いマンションだったと言っております。

2011年は平均して物件の質や仕様が落ち,1住戸の広さが更に狭くなりました。具体的には専有面積60平米前半の3LDKをまた懲りずに供給している事です。

約20年前のバブルが弾けた時と同じ様な事を行なって,分譲マンションの内容や質が悪くなったのは残念です。その「 ツケ 」で完成在庫が大量に残っています。

デベの方々,2012年はもう同じ轍を踏まないで良い分譲マンションを商品企画し,販売される事を期待致します。

皆様,良いお年をお迎え下さい。来年もこのコラムを御笑読いただければ幸いです。

連載コラム

特集

もっと見る