共用部分にトイレは必要

最近「 内覧会同行 」チェックで実感致しました事を申し上げます。

冬の「 内覧会同行 」チェックは寒いですし乾燥していますので,始める前に温かいコーヒーやお茶等を戴いて身体を温め,水分の補給を致します。2時間位経ちますとNature Call Me ( 自然が私を呼んでいる→小用がしたくなる )になりトイレに行きたくなります。

総戸数200戸未満のマンションですと,共用トイレはほとんど管理人室の中に有りますのでそこを使用させて戴きますが,管理人がトイレ扉の直ぐ外に居るので何か落ち着いて用が足せません。

総戸数200戸以上のマンションになりますと,ほとんどが玄関ロビーの片隅のちょっと奥に共用トイレが有りますので,気を遣わずに用が足せます。

先月「 内覧会同行 」チェックをしましたマンションは200戸未満でしたが管理人室の脇の奥に直接入れる共用トイレが有り,管理人の視線を浴びずに気楽に用が足せました。
この売主はこの総戸数で共用トイレを設置し,入居者の日常生活の事を良く理解しているなと好感を持ちました。

私は昔から総戸数50戸以上のマンションには,管理人室内のトイレだけでなく玄関ロビーの片隅に共用トイレは必要だと感じています。その理由は入居者が自分の住戸には入れたくないが,ロビーでの打ち合わせを必要とする人が結構来る事が有るのです。例えば銀行員の方や保険の外交員の方等です。この事は20年程前に設計した総戸数40戸強のマンションの1年検査の時に入居者の方から言われた事です。

「 設計屋の方,訪問客には2種類有りまして住戸内で打ち合わせ等をする人と,住戸には入れないでマンションの玄関ロビーで打ち合わせをする人がいるのよ。折角ロビーが有ってもトイレが無いと不便ですよ。また子供達が外で遊んで返ってきた時に,急に用を足したい時には住戸に行くまで間に合わない時が有るんですよ。 」と言われました。

その事を言われて以来,総戸数50戸以上のマンションの玄関ロビーの片隅にトイレを設置する様に致しました。売主から「 小規模マンションだから,管理人室にトイレが有れば良いですよ。ロビー脇のもう1つトイレを設置するのは,工事費もかかるし,有効率( 専有面積:売り面積/延床面積 )も落ちて売り面積が減るから止めて下さい。 」と言われた時は先程の入居者の話をし,説得致して共用トイレを設置致しました。

総戸数300戸以上の大規模マンションですと,今後は更に高齢化社会の対応を意識し,車椅子で入って用が足せる共用トイレが絶対に必要だと思います。大規模物件では,それの有無で大手売主の体質が判断できます。先々月「 内覧会同行 」チェックを行なった総戸数500戸弱のマンションの共用トイレは,車椅子で入って用が足せるマンションでした。

共用トイレの有無は現在,私のチェックリストの一項目です。今後は共用トイレが高齢者対応しているかの有無もチェック致しますので売主の方,よろしくお願い致します。
また,これからマンション購入を検討している方々,共用トイレの有無もチェックし,売主を評価してください。

連載コラム

特集

もっと見る