管理会社の簡単なレベルチェック-1

今回はマンション管理会社の質の良し悪しを簡単にチェックする方法のお話を致します。

最近の新規分譲マンションは外観のデザインが良くなって,外部にガラスをかなり採用していますのでそれらのメンテナンスをどの様に管理会社が考えて毎月の管理費を計算しているかどうかなのです。

先月,内覧会に同行致しました依頼主( 購入者 )の住戸は南東側の妻住戸( 角住戸 )で南側メインバルコニーに面していない,側面の東側外壁に片引き窓とFIX窓( 嵌め殺し窓 )が組み合わさった窓が設置されていました。

その片引き窓を開けますと, 片引き窓がFIX窓に被ってしまいますので,FIX窓ガラスの外側が住戸内より清掃できないのです。窓の外にはバルコニー状の足掛かりが有りませんので私は内覧会に同行して戴いた,ゼネコンの方に「 このFIX窓の外側の清掃はどの様に行なう考えなのですか? 」と尋ねました。

ゼネコンの方は「 私には分かりませんので,売主にここに来てもらいますので,売主に聞いて下さい。 」と回答されて携帯電話で売主の方をこの住戸に来るように依頼しました。

5分後弱,売主の方がこの住戸に来ましたので,私は先程と同様に「 このFIX窓の外側の清掃はどの様に行なう考えなのですか? 」と尋ねました。売主の方は早速,片引き窓を開けて試しましたが,直ぐに不可能な事に気付きまして「 早急に管理会社と打ち合わせを致しまして,回答致し善処致します。 」と依頼者と私に告げその住戸から出て行きました。

約2時間後に先程の売主の方が管理会社の方を連れ,この住戸に参りまして「 管理会社の方で既にこの様な住戸内より清掃できないガラス窓の外側の清掃には配慮していまして,1年に4回清掃専門業者に清掃させる費用を計上して管理費を設定していますので御安心下さい。 」と胸を張ってお答えになりました。私はそれを聞いて安心し,克つ管理会社の優秀さに感心致しました。尚,このマンションのバルコニーの手摺壁はガラスでは無かったので,それも幸い致しました。

この管理会社のレベルは高いです。次にレベルの低い管理会社のお話を致しますと,長くなりますので次回にレベルの低い管理会社のお話を致します。

次回353号コラムを楽しみにして下さい。

連載コラム

特集

もっと見る