「 オプション工事 」の見積書に驚愕

今回は,以前ある物件の「 現地同行 」チェックを致しまして,評価点が良かったので,その物件を購入された依頼者の方より「 オプション工事 」に関して相談を受けたお話を致します。

その内容は結論を先に申し上げれば「 オプション工事 」の見積書内に書かれていた金額が,あまりに高額で納得いかないという事と「 オプション工事 」内容の図面が中途半端な図面だった事です。

その依頼者は私の事務所にFAXで「 オプション工事 」内容の図面と見積書を送って,査定して欲しいという要望でした。

FAXで送られてきた「 オプション工事 」内容図面と見積書の内訳を早速チェック致しましたら,腰が抜ける程驚いてしまいました。

なんと「 直接工事費 」( 材料費,労務費,機械経費等の工事の目的に直接使われる費用 )より「 図面作成費 」や「 諸経費 」の方が高いのと「 オプション工事 」内容の図面( A3版 )が中途半端でズサンだったのです。

具体的に御説明致しますと,依頼者の「 オプション工事 」の「 直接工事費 」は約3万円強で「 図面作成費 」が「 直接工事費 」より約千円高く,「 諸経費 」は更に「 直接工事費 」より数千円高いのです。総計金額が「 直接工事費 」の3倍強なのです。そして「 オプション工事 」内容図面は大事な納まり部分の図や下地材の書き込み等が書いてないのです。

この内容を見まして,私は驚愕し「 正義感 」が頭を持ち上げて,早速依頼者に電話をして「 これは酷いですね。私の都合に合う日時にして戴けるのであれば,先方のオプション担当者と折衝致しますが,如何でしょうか。 」と申しました。依頼者の方は喜んでくれて,直ぐに販売事務所へ電話をされて,私の要望する日時で先方のオプション工事担当者のアポイントを取ってくれました。

後日,依頼者と私は販売事務所に行きました。そしてオプション工事担当者A氏に会い「 オプション工事 」見積書と「 オプション工事 」内容の図面のズサンな事に関して上記の内容のクレームを言いました。

そうしましたら,A氏の回答は「 図面作成費 」や「 諸経費 」は当社では「 直接工事費 」の金額に関わらず,一律この金額を戴いておりますし,「 オプション工事 」内容図面もこの程度です…との事でした。私はその回答を聞き「 直接工事費 」が例えば1万円でも「 図面作成費 」や「 諸経費 」はこの金額なのですか…と聞きました。この質問への回答も同様に「 直接工事費 」の金額に関わらず,一律この金額です…でした。この回答を聞き,もう私は爆発寸前でした。

私はチョット間を置き冷静になって,A氏に通常工事費の内訳は大きく分けて「 直接工事費 」と「 諸経費 」です。「 諸経費 」の中に「 図面作成費 」「 現場経費 」や「 一般管理費 」を含め「 諸経費 」の金額は「 直接工事費 」の約25%~35%位になるのが普通ではないのですか?そして「 オプション工事 」内容図面ももっと詳しく作図するのではないのですか…と申しました。

その事に関してのA氏の回答は先程と同様に,当社の基準では「 図面作成費 」や「 諸経費 」は「 直接工事費 」の金額に関わらず,一律この金額を戴いております…でした。

この先A氏と話しても,埒があかずに時間の無駄と思い販売担当者に来てもらい,一部始終を話しまして私のクレームを会社に持ち帰って貴社の建築部署と一緒に私が申し上げた事を検討して下さい…と頼みました。

正直な処,私はマンションの設計及び工事監理を約30年程行いましたが「 オプション工事 」には数回程対応した程度ですのであまり「 オプション工事 」の見積書作製には詳しくはありません。しかし,数回対応した「 オプション工事 」の内容図面と見積書には目を通し,査定はしっかりと行いました。

未だに,この物件のオプション工事費総計金額はネゴ折衝中です。先方は少し歩み寄ってきていますが,承諾できる金額ではありません。「 オプション工事 」内容の図面も未だに私が御願いした様に作図が完了していません。

「 オプション工事 」を依頼される方に申し上げますが,先方の提示してきた「 オプション工事 」内容図面と工事見積書には良く目を通して,納得いかなければ抗議すべきです。

尚「 オプション工事 」の図面内容や工事費に関しては,法的拘束力は有りませんが,それによってデベの「 良心 」( 価値 )は判断できます。

連載コラム

特集

もっと見る