「 現地同行 」チェックで久々の「 不可 」の物件は…。

私が行なっている「 現地同行 」チェックの結果で約3年ぶりに「 不可 」になった物件が出ました。

私は「 購入相談」や「 現地同行 」の「 申し込みフォーム」で依頼がきました時に直ぐ見ますのは「 物件名 」です。

その「 物件名 」を「 住まいサーフィン 」の「 物件検索 」や「 グーグル 」等の検索サイトに記入し,物件概要を出します。

物件概要を見ますと,今回「 不可 」になった物件は中古のマンションで約20年前に竣工・引渡しされた物件でした。

そして,新築時の売主はかなり前に倒産していました。更に設計と施工が不動産業界ではあまり評判の良くない大手建設会社A社でした。現在,中古になった,このマンションの売主は大手デベの子会社が旧居住者から住戸を買い取って,リフォームし,販売をしていました。この大手デベも不動産業界での評価は芳しくなく,その子会社ですので,推して知るべしでした。

これらを見まして,早速「 現地同行 」依頼者に,元の売主は倒産していますし,建物の設計・施工の建設会社はお奨めできませんので「 現地同行 」チェックするまでも無い物件です。私に「 現地同行 」を依頼してチェックしても結果は多分良くないと思います。「 現地同行 」チェック料金が無駄な出費になる様な物件ですので考え直した方が良いのでは…とメール致しました。

その後依頼者が,現在の売主が綺麗にリフォームしたのを見ましたので「 現地同行 」チェックを依頼致します…とメールで回答してきました。そして,私は「 申し込みフォーム」の希望日時にチェック物件の最寄り駅改札口で待ち合わせる事に致しました。

約束の日時に御会いし,駅近くの喫茶店で依頼者が持参された,物件資料を拝見しまして, 判る範囲のみ私の「 チェックリスト 」に記入し,当該マンションに行きました。

前回,このコラムで書きました内容とは異なり,マンションに着くなり直ぐに現在の売主が集会室に案内してくれまして,そこには「 竣工図一式 」( 意匠図,構造図,電気設備図,給排水衛生設備図,空調換気設備図 )が全て用意されており安心致しました。

まずは,依頼者の購入予定住戸へ行き,リフォームされた住戸のチェックを致しました。
やはり懸念していました通り,建設会社A社の設計・施工の良く無い箇所が多数見受けられそれらを「 チェックリスト 」に記入致しました。

その後,先程の集会室で「 竣工図一式 」を細かく見まして「 チェックリスト 」にチェック項目全てを記入致し,現在の売主にお礼を申し上げてからそのマンションから出ました。

そして,また駅近の喫茶店に行きそこで直ぐに「 チェックリスト 」に記入した事項の点数を集計致しました。

結論を先に申し上げれば合計点は「 不可 」でした。私の「 チェックリスト 」の各項目の全てのページで平均点以下でした。重要な項目である「 性能 」や「 構造 」のページの評価点数がかなり低い結果が出ていました。

私の「 チェックリスト 」では合計点で「 秀 」「 優 」「 良 」「 可 」「 不可 」に分けて評価しています。依頼者は私が採点した「 チェックリスト 」の「 不可 」を見てかなりショックを受けていました。

構造,外壁の仕様,遮音対策や設備仕様等どれも最低点でした。私はこのコラムで建設会社A社の「 設計基準 」の悪い箇所をいままで沢山書いてきました。実名こそ挙げた事は有りませんが,A社の設計・施工が良く無い事は不動産業界ではかなり知られています。

では,何故にこのA社は未だに多くのマンションの設計・施工をしているかと言いますと,大手や中堅デベに規模の大きいマンション用地を持ち込んで,設計・施工の仕事を受注しているからなのです。このA社がマンション用地持込を致しませんと,ほとんどのデベはこのA社に設計・施工の発注はしないと聞いております。

また,私も過去にあるデベより,このA社の用地持込物件の「 設計監修 」と「 工事監理監修 」を依頼され,それらを行なった経験が数回ありましたのでA社の「 設計基準 」や体質の良くない事はかなり知っています。

この中古物件の評価後に,A社の事を依頼者に伝えましたら「 A社の評判があまり良く無い事は知っていましたが,ここまでひどいとは思いませんでした。いい勉強になりました。 」と言われました。

今回は約20年前のA社設計・施工の物件で評価結果が「 不可 」でしたが,現在のA社設計・施工の物件でも,私の見る限り内容はほとんど進歩していません。

尚,私はA社設計・施工の物件は絶対にお奨め致しませんので「 購入相談 」や「 現地同行 」の依頼がきましたら,必ず先程の様な説明をしまして御依頼の再確認致しています。

久々に「 不可 」物件が出ましたので,皆様にワーニングを致しました。

連載コラム

特集

もっと見る