セントラル浄水器は必要か…。

今回は浄水器についてのお話を致します。

マンションでは浄水器の設置箇所は大まかに三通り有ります。

まず一番多いのがキッチンのシンク下に設置し,浄水器専用水栓やキッチンに設置されているキッチン水栓から浄水された水を出す個別浄水器の方式です。

二番目は,たまに見かけますが各住戸の水道メーターの出口に浄水器が設置されて,住戸内で使用する水全てを浄水するセントラル浄水器の方式です。

三番目はマンション全館に供給している水,全てをセントラルで浄水する方式で,圧送ポンプの出口に設置されているセントラル浄水器の方式です。この方式は現在ほとんど採用されていません。

さて,先日「 現地同行 」チェックで拝見致しました新規分譲マンションが二番目の方式でしたので,この浄水方式のメリットディメリットを申し上げます。

まず,メリットは水道水を異物除去フィルターで水の中に混入している目に見えにくい異物をろ過しまして,カーボンフィルターでミネラルを残しつつ塩素やトリハロメタン等の化学物質を吸着し浄水します。2段構えの浄水によって,台所でのお料理や食器洗い,お風呂,シャワー,トイレ等家で使うすべての水をクリーンにします。水質に過敏な人には良いと思います。

では,ディメリットは何かと言いますとイニシャルコストとランニングコストが高価なのです。

この浄水器の定価は23万円強で設置工事費が2万6千円強です。合計で約26万円です。
半年~1年以内に交換するフィルターの価格が2万7千円強です。

一番目の方式であればイニシャルコストは専用水栓,浄水器と設置工事費を合計致しましてもせいぜい5万円~7万円程度です。イニシャルコストだけで1住戸当り,16万円~18万円も高いのです。

さて,今回もまた小生の独断と偏見で申し上げれば,セントラル浄水器を設置せずに個別浄水器にしまして,上記のイニシャルコストの差額分の16万円~18万円を住戸内の他の場所に使わしていただきます。

例えば,まずは収納扉の丁番を全て「 ソフトクロージング 」タイプを採用します。「 ソフトクロージング 」に関してはこのコラム239号に詳しく書きましたのでそれを御覧下さい。URLはhttps://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/239%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82
この工事費は1住戸当り約1万円強です。

次に洗面室の大きな鏡にミラーヒーターを設置して曇らない様に致します。鏡の大きさにも依りますが材料費,工事費込みで約4万円~6万円程度です。

残り約10万円の使い道は小生が最近良いと思っている,主寝室や寝室の照明スイッチの押すプレート部分を外すとそのプレートがON・OFFや調光のリモコンになる仕様の「 とったらリモコン 」という電材機器を付けます。詳細はメーカーの電材機器のページに載っています。URLは下記です。

http://denko.panasonic.biz/Ebox/densetsu/switch_concent/switch/switch12.html

話を元に戻しまして浄水器に関して言いますと,小生は自宅では水道水を飲むタイプの人間ですので,あまり浄水器にはこだわりがありません。日本の水道の水は欧米の水道水と違いそのまま飲めます。ですので,キッチンに浄水器と専用水栓が設置されていれば良いのではないかと思います。セントラル浄水器を設置して風呂やトイレで流す水まで浄水するのは賛成できかねます。理由はフィルターの交換費用が結構かかります。

それでなくても,日本の水道水は飲料できる水質なので,水道料金がバカ高いのです。私見ですが風呂,シャワーやトイレで使う水までもが飲料できる水質なのは,もったいないと思っています。

コラムを御読みになっている方に叱られるかもしれませんが,小生は飲料水はミネラルウォーターにして,水道水の水質を少々下げて,毎月の水道料金を欧米並みに下げてもらった方が良いのではと思います。

そして,住戸内全ての水を浄水する,セントラル浄水器の設置は不必要でだと小生は感じました。先程も申し上げました様に,通常の浄水器と専用水栓設置との差額分の金額を誰でも納得する部分に有効活用した方が購入者( 入居者 )にとって良いのではないでしょうか…。

連載コラム

特集

もっと見る