建築計画が良いマンションの一例を御紹介

最近,私は販売事務所・モデルルーム見学をあまりしておりません。言い訳になりますが,理由は大手,準大手,中堅デベのインターネットでの会員になっていますので,毎日必ず各々のデベから配信されてくる新規物件すべてのHPを隅から隅までチェックしているからです。

それでも話題になっているマンションの販売事務所・モデルルームには行っています。しかし,そこで「 碓井建築オフィス 」の名刺を出して「 見学させて下さい。 」と言いますと,露骨に嫌な顔をされる事が多いのです。

その様な対応にもめげずにモデルルームを見学し,その後に「 物件資料一式 」( メインパンフレット,販売図面集一式や価格表等 )を戴けないかと頼みましても「 建築関係の方や同業者の方にはこれをお渡ししております。 」とチラシ程度の物件説明書程度しか貰えないのです。

昔「 東急設計コンサルタント 」在籍の時も,販売事務所・モデルルーム見学を致しますと上記と同様の扱いをされました。デベにとっては建築関係の人は胡散臭い存在なのだからこの様な対応になるのだと,当時あるデベの方が言っておりました。

さて,この20数年相変わらず分譲マンションの住戸のプランは「 田の字型 」がほとんどです。「 田の字型 」住戸プランはもう熟成されていまして,改良の余地はほとんど無いと思います。「田の字型」住戸プランでない新規物件を探すのは大変な労力です。

先日久々に「 田の字型」でない良い住戸プランとその良い住戸プランが上手に配置されている物件をインターネットで見つけましたので,その一例を御紹介致します。

今回は建築家の目で建築計画が優れているマンションを紹介致します。

その物件名は「 エコヴィレッジ木場 」で事業主は「 リブラン 」という会社です。物件のHPのURLは下記です。

http://www.livlan.com/kiba/index.html

この「 エコヴィレッジ木場 」HPの「 コンセプト 」欄を開きますと右下の方に基準階(マンションやテナントビルの基準となっているフロアー )プランが有りその中に住戸プランも描いてありますので御覧下さい。

この物件の「 コンセプト 」欄で謳っている様にほとんどの住戸が多面通風採光の角住戸であとは南面4室住戸が数戸有る建築計画なのです。各住戸プランを見るのには「 間取り 」欄をクリックして開けば見られます。

細かい所を良くみますと,若干「 チョットネ 」的な所が見受けられますが,最近見た物件の中では「 ピカイチ 」のプランだと思います。

構造等も高さ45m以内の枠の中で15階建にせず14階建にして階高( 1階層の高さ )を高く確保していますし,外壁も全て鉄筋コンクリート造ダブル配筋で,最近流行りのALC版( 軽量気泡コンクリート版 )を採用して工事費を抑えていません。隣戸間の戸境壁も最近は遮音性が若干劣る乾式壁を採用し,工事費を抑えている物件が多いのですが厚さ18センチの鉄筋コンクリート造ダブル配筋にしています。

特に私は高さ45mで15階建にせずに14階建にした事に評価を高くしています。
以前このコラム37号「 14階建と15階建とは大違い 」で詳しく建築上の問題点を述べていますので御覧下さい。URLは下記です。

https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/37

いままで沢山のマンションを私のチェックリストでチェック致しましても「 100点満点 」の物件はまず有りませんでした。だいたい,60点~80点位です。

この「 エコヴィレッジ木場 」はインターネットのHPだけを見ても85点~90点にはなれそうです。近々,モデルルーム見学をし,再確認しようと思います。

この物件の事業主の「 リブラン 」と言う会社は中堅デベの中では良いユニークなマンションを創る事で不動産業界では有名な会社です。「 エコ 」に関しても10年以上前から分譲マンションに取り入れています。ただ残念なのは,主な物件はほとんど東武東上線沿線しかない事なのです。

大手や準大手デベの分譲マンションでは本来一番大切な住戸プランが「 マンネリ化 」し,共用部分,外観デザインの良さや設備機器で勝負していますが,それは本末転倒だと私は思います。

「 リブラン 」の様にマンションで一番大切な住戸プランに「 リキ 」を入れている中堅デベはあと2~3社有ります。分譲マンションの商品計画では中に住む購入者に配慮し,まず住み易い良い住戸プランを創り,それから共用部分や外観デザインを良くして提供するのが王道ではないでしょうか…。

私が「 設計監修 」している中堅デベへもその様に具申し,実際に行なっています。

尚,今回のコラムの中で取り上げた「 リブラン 」という会社と私とは全く何の利害関係も有りませんので,その事を念頭に置いて読んで頂きたいと存じます。

連載コラム

特集

もっと見る