「 メゾネット型住戸 」は減少…。

最近の新規分譲マンションの住戸プランを見ていますと,ほとんど「 メゾネット型住戸 」が有りません。

さて,ここで「 メゾネット型住戸 」という住戸を知らない方に「 メゾネット型住戸 」の御説明をいたしましょう。

「 メゾネット型住戸 」とはマンションの住戸形式の1つで住戸内が2階層に分かれて住戸内階段で結ばれており,居住空間が上下に配置されているマンションの住戸です。一戸建て感覚ですので一時は結構もてはやされて売れていました。

しかし,この処何故「 メゾネット型住戸 」が減少したかを検証致しますと,マンションの大きなメリットで有る「 バリアフリー 」に出来ない事が大きな要因だと思います。

そして「 メゾネット型住戸 」は階段等,無駄なスペースの為に専有面積が広くなり住戸価格が割高で購入者が減ったという事です。

私は昔から分譲マンションにメゾネット住戸を配置するのは反対でした。

反対の理由は上記の他にも沢山有ります。

「 メゾネット型住戸 」は大抵の場合,リビング・ダイニング( LD )を2層吹き抜けにして大きな空間を作っています。そしてLDに2階に上がる階段を設置しています。そうしますと冬場の暖房時には暖気が上階に行ってしまい下階は寒いので暖房機をフル回転させませんとLDは快適な温度になりません。電気代が大変高くなりますし,地球エコにも反します。

また「 メゾネット型住戸 」での子供の怪我が多いとも聞きました。先程の2層吹き抜けに面した上階の洋室には,吹き抜け側にも窓が設置され,そこからの転落事故が結構発生している様です。

「 メゾネット型住戸 」の上階に浴室や洗面室を置き,給湯器は下階に設置していますと,下階のキッチンでお湯を使用していますと,上階の浴室のシャワーのお湯の出はチョロチョロだそうです。これはNGです。

「 メゾネット型住戸 」のディメリットは他にも,2層吹き抜け上部の窓の清掃が困難だとか,2層吹き抜け部分の上部の照明のランプの交換が困難だとか,とまだまだ沢山あります。

やはり,マンションの大きなメリットの「 バリアフリー 」に出来ない事が購入者の共感を得られずに減少していった大きな理由だと思います。

日本は今後,急速に「高齢化社会」になっていきますので,住戸内の「 バリアフリー 」は重要なポイントです。

「 メゾネット型住戸 」を購入されようとしている方,上記の内容を吟味し許容できなければ,通常の「 フラット型住戸 」を検討する事をお奨め致します。

連載コラム

特集

もっと見る