流し台「 シンク 」の適正な位置は…。

今回は女性の方々に最も関心が有る流し台のお話を致しましょう。

通常,ファミリーマンションの流し台の長さ( 幅 )は2.2メートル~2.4メートル位です。

この幅位の流し台に設置する「 シンク 」の大きさは,幅が約70センチ~80センチ位で奥行きは約45センチ~50センチ位がメインになっています。

さて,ここで今回の本題である流し台に設置する「 シンク 」の使い易い位置について御説明致します。

通常のファミリーマンションの流し台に設置する機器は主に「 シンク 」と「 三ツ口コンロ 」です。

ちょっと高額なマンションになりますと「 ディスポーザー 」「 コンベック 」( オーブン )や「 食洗機 」なども設置される事がありますが今回はファミリーマンションのお話ですのでこれらの機器に関連した事は省いて御説明させて戴きます。

ファミリーマンションの流し台に設置する機器の1つである「 三ツ口コンロ 」の幅はほとんどが60センチです。そして「 コンロ 」の位置は消防署の指導等で脇の壁から15センチ以上離さなければならないのです。

「 三ツ口コンロ 」の幅60センチと脇壁からの離隔寸法15センチを合計致しますと約75センチ強程度になります。

結果として,流し台の全幅から75センチを差し引いたスペースのどこかに「 シンク 」を設置する事になります。

ここで,流し台の全幅が2.3メートルのケースで使い易い「 シンク 」の位置を具体的に御説明致します。

2.3メートルから先程の「 三ツ口コンロ 」幅60センチと脇壁からの離隔寸法15センチの合計約75センチを引き算致しますと,残りの寸法は1メートル55センチ程度になります。

そして更にこの1メートル55センチより「 シンク 」の幅約70センチを引きますと約85センチになります。

この85センチ幅のスペースの割り振りスペースが「 シンク 」の両脇にくるのです。

私の独断と偏見で申し上げれば,「 コンロ 」と「 シンク 」の離隔寸法は60センチ確保すれば標準的な調理スペースとして事足りると思っています。

そして残りの幅約25センチのスペースを「 シンク 」と「 コンロ 」との間の調理スペースと反対側の壁側に設けるのです。この「 シンク 」脇壁から約25センチのスペースが大事なのです。理由はこのスペースに食器の「 洗い物トレー 」が置けるからです。

このスペースが約25センチ未満で10センチ弱程度にして調理スペースを約75センチ強位にしている流し台を見かけますが,見栄えは良いのですが「 洗い物トレー 」が調理スペースにしか置けないので使い勝手が良くないのです。調理スペースと洗い物置き場スペースが同じ場所になりますので,言葉は悪いですが「 ミソもクソも一緒 」って感じになります。

先日,ある新規分譲マンションのメインパンフレットを見ましたら,流し台の絵が描いて有り,流し台脇壁から7センチ強離して「 シンク 」,そこから約80センチ弱幅の調理スペース,「 三ツ口コンロ 」になっていました。その絵の下のコメントには「 調理スペース が広いと使い易いキッチンです。」と書いてありました。

この様なデベは実際の使い易さより見栄えを良くし,女性の心をくすぐって,購入意欲を湧かせ「 衝動買い 」に持ち込もうという戦略です。この様な非良心的な見栄えだけが良い流し台を設置し,正当化したコメントをパンフに載せる様なデベには近付かない方が私は良いと思います。

しつこい様ですが流し台「 シンク 」の位置は壁側より最低でも20センチ( 可能ならば25センチ )のスペースは必要です。この事はマンション設計の「 イロハ 」です。このマンション設計の「 イロハ 」も守られていない様な物件はいたるところで,入居者への配慮が欠けた設計になっているものと思われますので避けた方が無難だと思います。

非良心的なデベはモデルルームのインテリアコーディネートには「 生活感を出さない 」様にしているのです。「 生活感を出さない 」様にして女性を夢の世界に誘い「 衝動買い 」
を起こさせる戦略なのです。

不動産業界では,購入予定者がいくつか見たマンションの中で最終的に選択して購入したマンションの現実の購入動機は女性の「 衝動買い 」がほとんどだと分析されているそうです。

ですので使い勝手より見栄えを優先させ,女性好みにし「 衝動買い」を起こさせる,良くないデベが多々存在するのです。

女性の方々,マンションの購入の際には「 現実の生活をイメージ 」して使い易いかどうかを良く判断してから決定して下さい。

PS:
今週発売中の「 週刊現代 5/29号」に『 セコム新築マンション「 叩き売り 」騒動
-2500万円引き!』記事 に私のコメントが載っていますので,御覧戴ければ幸いです。

連載コラム

特集

もっと見る