今年のマンションの「 キーワード 」は3つ-1

松の内も過ぎ,御屠蘇気分も抜けて,仕事に本格的に打ち込む時期になりました。

そこで,私よりマンション業界へ2010年の分譲マンションの「 キーワード 」を提案致します。

今年の分譲マンションの「 キーワード 」は3つあると私は思っています。

まず,一つ目は「 一家団らん」( ホーム・サークル )です。

朝食や夕食は一家全員で楽しく会話をしながら食べ,家族の絆を深めていくのが大切ではないでしょうか…。

マンションの一つの住戸に住んでいる家族が「バラバラ」でしたらその家庭は殺伐とし,その内に崩壊するのではないかと危惧しております。

たまに,ある家族は朝食や夕食を食べながらテレビを見ていると聞きましたが,私に言わせれば言語道断です。家族が一緒になれるのは食事の時がほとんどでその大切な時間に会話もせずにテレビを見ているのはどうかと思いますが如何でしょうか…。

ちなみに,拙宅では子供が小さい時から現在も食事の時はテレビを消しています。その子供達ももう結婚し,独立してしまいました。愛娘達が私に会うと『 「一家団らん」って大切だね…。うちも食事の時はテレビを消して家族で会話して楽しんでいるよ…。 』って言ってくれます。

その「 一家団らん 」を積極的に追求した空間( スペース )のある住戸プランがほとんど見あたらないのが残念です。

私は一昨年(2008年)に「 設計監修 」した物件で「 一家団らん 」( ホーム・サークル )を「 コンセプト 」にした「 サークル・リビング 」という空間の有る住戸プランを作りました。
手前味噌になりますが,かなり好評を得たそうです。

「 サークル・リビング 」の具体的な内容はこのコラムの204号,205号,206号でタイトルは『 私が「設計監修」をしたマンション-1,2,3 』で御説明致しましたのでそちらを御覧下さい。

https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/204
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/205
https://s.sumai-surfin.com/columns/category/50/206

例え不況でも,家族の絆が強ければ楽しい毎日が送れると確信しております。家族の絆が強い親は仕事をしても効率よくできますし,子供も親の背中を見て育ちますので横道に反れたりしないでしょう…。

今年これから分譲マンションの商品企画をしているデベの方々,是非「 一家団らん 」が積極的に出来る空間の有る住戸プランを考えて提供して下さい。

次回は2つ目の「 キーワード 」についてのお話を致しますので,楽しみにして下さい。

連載コラム

特集

もっと見る