エアコン屋外機の2段積みは要注意

今回はエアコンの屋外機置き場の事の話を致しましょう。

最近は「田の字型住戸」の横長リビングタイプ住戸の中和室にエアコンが設置可能になり喜ばしい事です。

問題はリビング・ダイニングと中和室のエアコン屋外機の設置箇所です。横長リビングタイプ住戸は開口部分が広く住戸両脇の袖壁部分が少ないのでエアコン屋外機の設置位置の検討に苦労いたします。

更にメインバルコニー(LD側のバルコニー)に給湯器やSKシンクまで設置致しますと,エアコン屋外機を2台置く場所を確保するのは大変です。

その結果,安易な解決方法としてエアコン屋外機2台を2段積みにしてしまうのです。私も過去にこの様な安易な設計をした事があり,懺悔しています。

平成15年6月に建築基準法が改正になり,マンションの様な気密性の高い住宅は「シックハウス対策」の一環として24時間換気が義務付けられました。

ほとんどのマンションの24時間換気は「第3種機械換気」と言って排気のみ機械で行うシステムです。給気は各居室の外壁側に付いているレジスター(給気口)から外気を引き込みます。

処が,24時間換気の換気扇を回していても前記のレジスターを開けておかないと,入ってくる空気が無いと排気される空気が有りませんので,換気扇は空回り状態に近いのです。

エアコン屋外機が2段積みですと上段の屋外機のすぐそばに給気レジスターが設置されているケースが多いのです。

ですので屋外機2段積みのマンションの場合は夏場に24時間換気を行う為に給気レジスターを開けて,冷房を致しますと外気の熱気と屋外機が排出する熱がプラスされて室内に侵入してきます。

冷房の電気代はたまりません。冬場も同じです。24時間換気の為に給気レジスターを開けて暖房機(エアコン)をONした場合は,やはり冷たい外気と屋外機が排出する冷気がプラスされて室内に侵入です。
ではこの様な事を避けるにはどこをチェックしたら良いかお話致しましょう。

エアコン屋外機を2段積み致しますと高さは約1.2メートル弱です。その想定位置から給気レジスターの位置が最低でも60センチの離隔距離が必要です。

その様になっているマンションならば冷暖房のランニングコストは高くならないでしょう。

また,エアコン屋外機2段積みのマンションで過去に幼児が登ってバルコニーから転落死した事故が有りましたのでその辺の所も充分に注意してください。

連載コラム

特集

もっと見る