「換気方式」に注目

平成15年6月に建築基準法が改正になり「シックハウス対策」の一環として機密性の高い住宅やマンションの住戸に24時間換気設備設置が義務付けられました。

大まかに申し上げますとマンションの住戸のリビング・ダイニング,洋室や和室の換気能力が2時間に1回その部屋の空気を総入れ替えできる設備を設置して湿気に依るダニの発生防止等を行なわせるという事です。

「換気方式」には3種類有ります。
「第1種機械換気」「第2種機械換気」「第3種機械換気」です。

まず「第1種機械換気」とは吸気と排気を別々に機械で強制的に行なう「換気方式」です。
「第2種機械換気」は吸気のみ機械で強制的に行なう「換気方式」です。
「第3種機械換気」は排気のみ機械で強制的に行なう「換気方式」です。

通常のファミリーマンションは「第3種機械換気」を採用しています。住戸内の汚れた空気を洗面所の天井の換気口より機械のファンで吸って外部に排気しています。排気のみを強制的に行なっていますので吸気はリビング・ダイニング,洋室や和室の外部に面した壁に直径10センチの穴をあけ,俗にレジスターと言っている吸気口を設置してそこから外部の新鮮空気を取り入れています。

この「第3種機械換気」は一番費用が安くて簡便な「換気方式」ですが問題が有ります。

その問題とは暑い夏や寒い冬,住戸の部屋を冷暖房していましても先程申し上げた外壁に設置した吸気口から夏は暑い外気,冬は寒い外気が入ってきまして冷暖房効率が悪くランニングコストが高くなる事です。

ですから,「第3種機械換気」方式の住戸に入居された方は夏と冬はほとんど先程の吸気口を閉じてしまうのです。吸気口を閉じてしまいますと,入ってくる空気が無いので排気のファンは空回りして実際はほとんど排気していません。更に住戸内の気圧が低くなって負圧になっていますので玄関扉を開く時にはとても強い力で開けなければ開けられなくなくなります。

また,「中和室」や「中洋室」の換気は「第三種機械換気」ではほとんど換気していません。
この「中和室」や「中洋室」とリビング・ダイニングや廊下との間の襖や引戸を閉じて個室として使いますと吸気や排気する空気の通り道が無いのです。

最近,良心的な売主は「第三種機械換気」でも吸気は部屋の二重天井とスラブの間の高さ位置の外壁に大きな穴をあけ,ダクトを付けて室内の冷暖房された排出する空気と熱交換器で熱交換をしてからまたダクトでリビング・ダイニング,洋室や和室の天井に設置した吸気口につないで外気を室内に取り入れているのです。

その様にすれば熱効率も良く換気でき快適です。

実際の工事費は1住戸当り約60~80万円位高くなり販売価格で約90~110万円位高くなりますがこの先何10年と住む事を考えたら若干高くても快適な生活ができる方が良いのではないでしょうか…。

連載コラム

特集

もっと見る