「マンション選びのポイント」を…。

住宅金融公庫が今年4月に(独立法人)住宅金融支援機構になり民営化の方向への第一歩を踏み出しました。

私は旧住宅金融公庫時代にはこの4年間,毎年「マンション選びのポイント」という購入者向けセミナーの講師の依頼を受けて1時間半の講演を行なってまいりました。

今年は新しい(独立法人)住宅金融支援機構という会社になりましたのでセミナーの「御座敷」はかからないかなぁ…と思っていました。

処が,今月(4月)初旬に5月13日(日)午後1時から「マンション選びのポイント」2007年版セミナーを行って欲しいとの依頼が有り,時間があまり無いので直ぐに下打ち合わせをしてきました。

旧住宅金融公庫でのセミナーは公的な国家機関でしたので私の「ピリ辛」はかなり控えめにしていましたが,今年4月からは民間の会社に移行いたしましたので私は「ズバズバ」とはっきりとマンション選びの良し悪しをセミナー参加者にお伝えするつもりです。

この「住まいサーフィン」の「良識あるマンション指南」では建築的な各論がほとんどですが今回のセミナーでは「マンション選びのポイント」と題して総論から御説明する予定です。

マンション選びに於いて不動産見地から重要度の高い順に具体的にお話致しまして,それから建築的に見て重要度の高い順に各論で締め括る事に致しました。

マンション選びを不動産見地から見ますと重要度の高いのは立地の選定と,売主の選定ですのでその辺りを私の実際の経験をふまえて具体的にお話致しますので楽しみにして下さい。

建築上の各論では現在皆様がもっとも関心が有る「耐震偽装」の事に触れて素人でも判断ができる説明をする予定ですのでこの辺も期待していて下さい。

ゴールデンウィーク(4月28日~5月6日)の次の日曜日ですし,「無料」ですので皆様のお越しをお待ちしています。

尚,参加御希望の方は「住まいサーフィン」のトップページ「お知らせ欄」4月17日付のセミナー告知「詳しい内容はこちらから」をクリックするか,下記のURLよりお申込み下さい。
http://www.flat35.com/seminar/seminar_tokyo_070513.html

このコラムを読んで戴いている方々にお目にかかれるのを楽しみにしています。

連載コラム

特集

もっと見る