排水管の材質には3種類有り事業主の質が判断できる-3

まずまた前回のおさらいを致しましょう。マンションの住戸の中には通常竪に通っている排水管が2~3本有ります。これを竪排水管と呼んでおります。上階の住戸が流した生活排水や汚水が下に流れる重要な排水管です。人間の血管で言えば静脈管です。

分譲マンションではこの竪排水管の材質を見れば事業主の質が判断できます。竪排水管の材質には耐火被覆二層管,塩ビライニング鋼管と鋳鉄管が有ります。前回はこの中の耐火被覆二層管と塩ビライニング鋼管のお話しを致しましたので今回は鋳鉄管(ちゅうてつかん)のお話を致しましょう。

竪排水管に鋳鉄管を採用しているマンションは一流ディベロッパーです。大手でも竪排水管に鋳鉄管を採用している会社は少ないのです。良心的なディベロッパーの証しです。

では鋳鉄管とはどういう物なのかをお話いたしましょう。鋳鉄管とは読んで字の如く鋳物
の鉄管で管の肉厚が厚いのです。

鋳鉄管は管の肉厚が厚いので耐久性が良く,また遮音性が高いのです。前回お話致しました様に遮音性能の高さは重量に比例致します。ですので鋳鉄管は重いので遮音性能がとても高いのです。

更に耐久性が有るので管の中にコレステロール状のゴミが溜まった時に砂を含んだ水で高圧洗浄を何回もできるのです。

竪排水管に鋳鉄管を採用し,鉛入り遮音ゴムシートを巻いてその周りにグラスウールを更に巻きますと遮音性はかなり高くなり上階からの排水音はまず聞えてきません。

鋳鉄管は一流のディベロッパーのマンションに多く使われていますので販売事務所で竪排水管の材質を質問し答えが「鋳鉄管」ですとなれば,そのマンションは遮音性にはかなり配慮されているでしょう。

連載コラム

特集

もっと見る