洗面化粧台の適正高さは…。

先日,内覧会で拝見したマンションの洗面化粧台に気遣いが感じられたお話を致しましょう。

内覧会同行チェックで依頼者住戸の洗面脱衣室に入りまして,洗面化粧台の高さを測ったら80センチでファミリー向けマンションなのにちょっと高いなと思っていた矢先に,売主サイドの付き添いの方が洗面化粧台の中央下の引き出しを引き「ここが踏み台になって小さなお子様でも届く様になっています。」と説明が有り感心致しました。

通常,ファミリーマンションの設計では洗面化粧台の高さは家族の中に小さなお子様が居る事を想定して75センチにしています。

高級マンションや億ションでは購入者の家族の中に幼児はほとんど居ませんので洗面化粧台の高さは80センチにしています。

ちなみに衛生機器のトップメーカーの「TOTO」のカタログには洗面化粧台の適正な高さが書いてあります。

そのカタログには高さ75センチの洗面化粧台は身長155センチ位の人向き,高さ80センチの洗面化粧台は身長165センチ位の人向き,高さ85センチの洗面化粧台は身長175センチ位の人向きと書いてあります。

先程,申し上げた引き出し状の踏み台の高さは約15センチ有りましたのでその上に立つと洗面化粧台の高さは65センチ(80cmマイナス15cm)になり小さなお子様でも使い易くなります。

この引き出し状の踏み台は約20年位前に洗面化粧台に付けていた事例が有りましたが,踏み台の上に乗ると踏み台が動いて危なかったりして自然消滅してしまいました。

処が,今回見ました引き出し状の踏み台は両サイドに丈夫な引き出し用のレールが付いていて完全に引き出すと踏み台が動かなくなる様に固定されるのです。

仕舞う時は両サイドの引き出し用のレールに付いている棒状の物を少し持ち上げてから洗面化粧台の方に押せば良いのです。

洗面化粧台は毎日,家族が使う物ですのでこの様なちょっとした配慮が欲しいと思います。

連載コラム

特集

もっと見る