排水管の材質には3種類有り事業主の質が判断できる。-1

マンションの住戸の中には通常竪に通っている排水管が2~3本有ります。これを竪排水管と呼んでおります。上階の住戸が流した生活排水や汚水が下に流れる重要な排水管です。

分譲マンションではこの竪排水管の材質を見れば事業主の質が判断できます。竪排水管の材質には耐火被覆二層管,塩ビライニング鋼管と鋳鉄管が有ります。竪排水管に耐火被覆二層管を使用していたら,そのマンションの購入検討は中止致しましょう。理由は耐火被覆二層管とはどういう物かと簡単に説明致しますと塩化ビニール管の外側にワイヤーメッシュを巻いてモルタルを塗りつけたものです。

この耐火被覆二層管が竪排水管に使われていますと遮音性がとても悪いのです。上階の住戸が夜中トイレを使って水を流すとかなり流水音が聞えます。この耐火被覆二層管を竪排水管に使った場合,遮音ゴムシート巻きをしたりグラスウール巻きをしても遮音対策は気休めです。

竪排水管は人間の血管と同じ様に何年も経つと管の内側にコレステロール状のゴミが付着して実際の排水の通る穴の直径が細くなります。そういたしますと,風呂桶の栓を抜いて汚いお湯を流してもだんだん排水に時間がかかってきます。

この様に竪排水管の内側がコレステロール状のゴミで内径が細くなりますと,他の2種類の管では砂を含んだ水で高圧洗浄してコレステロール状のゴミを削り取ります。そして管の内側に塩化ビニールを吹付けます。

処が, 耐火被覆二層管ではこのメンテナンスができないと言われております。理由は高圧洗浄に管が耐え切れないからです。ですので管の交換しか有りませんがこの費用は莫大です。管理組合で貯めておいた修繕積立金をかなり使ってしまいます。

モデルルーム・販売事務所へ行ったら販売員の方に「竪排水管の材質は何ですか?」と聞いて回答が耐火被覆二層管であれば購入者の入居後の事に配慮不足の物件ですので直ぐ他の物件を検討致しましょう。

次回は他の2種類の竪排水管について御説明致します。

連載コラム

特集

もっと見る