内覧会同行チェックは手遅れ!

碓井建築オフィスでは購入相談・現地同行(現地とモデルルーム,設計図書チェック)・内覧会同行のサービスを行っています。もう沢山の内覧会同行チェックを致しましたが,正直申し上げてどう良く目で見ても購入はお勧め出来ない物件が多々ありました。しかし内覧会時点では「あとの祭り」ですので,それを依頼者に申し上げるのはかわいそうです。内覧会同行チェックをただ機械的に行うしか有りません。どうして購入前に私に相談してくれなかったのか残念です。

さりげなく購入動機を御聞き致しますと,ほとんどの方が「事業主が大手だから安心して買いました。」という回答です。私に言わせれば大手イコール一流ではないと言う事です。私はマンション設計歴30年,約30社のディベロッパー(事業主)や多くのゼネコンと付き合った経験から,各々の会社の体質を良く知り抜いています。購入相談・現地同行はその経験を踏まえてまず事業主,設計事務所やゼネコンの体質,アフターの対応から具申致します。その時点で検討に値しない物件(立地や事業主・設計事務所・ゼネコン)はお勧め致しません。そこをパスした後に相談物件の総合パンフレット,図面集や価格表をチェック致します。

また現地同行サービスでは実際に建つ現地に行き周辺環境をチェックし,その後販売事務所・モデルルームに行き設計図書(意匠図,構造図,電気設備図,給排水衛生設備図,空調換気設備図等)を隈なく見て私のチェックリストに記入致します。最終的に点数を合計して「秀,優,良,可,不可」に分類してそのチェックリストをお渡しして私のコメントを致します。

手付金(5~10%)を払った後の相談や内覧会同行チェックではもう手遅れです。マンションは一生の買い物ですから慎重に選択して購入して下さい。
次回のコラムからマンション購入チェックの具体的なお話をさせて頂きます。お楽しみに!

私へのアクセスはhttp://www.sumai-surfin.com/service/usui-office/です。

連載コラム

特集

もっと見る