「TVタックルに来週出演した件」その1

「持ち家か賃貸か」という古典的なネタの持ち家派で出た回顧録。
6月29日(月)23:15 テレビ朝日「たけしのTVタックル」

そもそもこの程度のことがリスクだと思っているなら、買わない方がいいですよ。

論点①住宅ローンが払えなくなる恐怖という幻想
 実際、住宅ローンを年収比率で25%以下の方のデフォルト率は1%未満であり、
 その場合は、多重債務になっているか、大幅に年収が下がったか、しかないだろう。
 銀行だって危ない人には貸さないので、その信用があるなら買うべきだ。
 それは住宅の問題ではなく、自己管理の問題だろう。

 もし、そうなりそうになったとしたら、家を賃貸にまわせばいい。
 購入する際に、物件価格の4%以上の賃料収入が取れる物件を購入すればいい話だ。
 返済は35年ローンを組んでいれば、現在の金利では返済額が賃料を上回ることはない。

論点②資産性が高い物件を選ぶのは難しいという言い訳
 私の本は高くても2000円もしない。
 年収の5倍以上の信用取引をするのは危険と言うなら、勉強した方がいい。
 本に書いた「沖式7つの法則」を守ればいいし、
 物件毎にその確率を住まいサーフィンに開示しているので、実践は簡単だ。
 中古を購入するのでも、自宅査定があるので失敗することはほぼないだろう。 

論点③賃貸は容易に住み替えられるという観念論
 持ち家でも住み替えられる。
 3か月もあれば売却は可能であり、賃貸だって1か月以上前に解約予告をするので、大した変わりはない
 賃貸なら引越せばいいと言うが、礼金・敷金・保証料・引っ越し代・カーテン代を含めれば、
 そんなコスト高なキャッシュアウトが大丈夫なのだろうか?
 そのコストを負担するためにも、含み益を出す物件を買った方がいい。

連載コラム

特集

もっと見る