「不動産大暴落?!」

最近、週刊誌で値上がりした不動産価格がバブルであり、
大暴落が始まる、と言った記事が多くなった。
実際、この手の記事の取材依頼も多いが、受けていない。
この手の記事は結果ありきで、根拠がない。

マンション価格はまだまだ上がる状況にあり、当面下がる理由がない。
それも都心物件はアップサイドも大きいと考える。

理由は、4つ。
①金融緩和の影響 ⇒ 資産インフレは必至となる
②建築費の高騰  ⇒ とにかく新築は高くなる
③需給バランス  ⇒ 相続税対策・外国人需要が強い
④人口集積の継続 ⇒ 都心物件は独歩高になる

特に、①の影響は大きく、資金は担保の取れる不動産に流れており、
その勢いは未だ翳っていない。
私は自分の顧客には、そろそろ危ないと言う場合にアナウンスしている。
誰を味方にしておくかで、資産運用は雲泥の差になるものである。

この程度のことは、私の本に書いてあるので、学習しておいた方がいいですよ。
「2018年までのマンション戦略バイブル」(朝日新聞出版)
http://www.amazon.co.jp//dp/4023312681/

連載コラム

特集

もっと見る