「中古マンションは10%高く売れる」(11/21)

中古価格は500万円位の誤差で売買されています。
沖式中古マンション時価を見てもらうと分かる通り、中古騰落率が-10%なら、上限は0%、下限は-20%程になります。
相場が-10%なら、上下合計±20%の差が出ることは不思議ではないということです。

この大きな誤差を活かさない手はありません。
つまり、高く売ることができるということです。
これを実績で証明してくれた会社があるので、住まいサーフィンでは推奨することとしました。

実際、この人達は何をしているかというと、業界の悪しき習慣と逆のことをしているだけです。
価格の透明化を住まいサーフィンは進めていますが、その中でフェアな取引をすることで、売主に平均500万円の利益をもたらしているのです。

3月に引っ越しを控えている方にとっては、そろそろ売却に向けて作戦を練る必要があります。
新築売主の系列仲介会社に頼んだら、こんな結果は得られません。
まずは、業界の商習慣と取引のカラクリを理解して、キャッシュリッチな引っ越しを実現して下さい。
その秘密はこちらです
https://www.sumai-surfin.com/service/urinushi-no-mikata/

連載コラム

特集

もっと見る