エコへの取組みと受け止め方(1/17)

住宅業界もエコへの取組みが進みつつある。
物件単位に進んだものもあれば様々であるが、東京都のマンション環境性能表示をしている物件の戸数を売主単位に集計し、ランキングしてみた結果がこれ。
https://www.sumai-surfin.com/producer/kankyo2010.php
元データは東京都のこちら
http://www7.kankyo.metro.tokyo.jp/building/mansion/area_select.html

エコで思うところは人それぞれ。
ディカプリオのプリウスから、スマートで洗練されているととらえる人
社会に貢献できる、健康的な生活ととらえる人、
安心でお得に節約できるものととらえる人、など。
各物件の取組みを自分の感性でどのように感じているか、意識しながら物件選択を考えるのも一考だと思う。

集合住宅では全戸まとめて設置・契約することで安く導入できるし、管理費や光熱費などのランニングコストが安くなるベネフィットが組み合わさるとなおいい。
これまで臨界点を超えるのに時間が掛かったエコもそろそろ競争比較の1要素として、重要なポジションに変わりつつある。
普及するかどうかには、購入者の意識も大きく影響するので、等身大で考える機会にして頂きたい。

※先週から、私(沖)がツイッターで「マンション購入者が知っておきたい業界裏事情」をつぶやいています。こちらです。
http://twitter.com/#!/sumai_surfin

連載コラム

特集

もっと見る