在庫減少は本当か(9/28)

最近、マンション販売在庫は減っているというデータや話しがあるが、本当だろうか?
各社が調査している売れ行きはデベロッパーの言い値で決まる。
売れていなくても売れたと言ったら売れたことになる。
実際には隠れ在庫が存在し、その実態は調査会社も推測でオフレコで語られる。

何か指標はないかと考えたのが、[着工戸数-供給戸数]と言う数字で、これが市況を的確に表現してくれる。※2項目の間には着工と供給のタイムラグを設けている。
その結果は、在庫はここ半年急激に積み上がっている。
08年度上期まで着工水準は高く、その後大幅に下がってきているが、それ以上に供給が減っているので、このようになる。

実際、在庫が減っているのなら、供給は増えて当然なのに、逆に減るのは実際の在庫が増えている証拠でもある。
業界内で購入マインドを醸成している感があるが、購入者は冷静に市場を見極めてもらいたい。

連載コラム

特集

もっと見る