竣工物件の販売方法(6/15)

現在販売中の物件のうち、竣工後1年以上経過しているものは首都圏で25%、竣工後1年未満が半数以上に及び、竣工前はわずかに20数%に過ぎない。(棟数ベースなので、1戸でも残戸あれば棟数カウントされる)
販売残戸数で計算すると竣工後の割合は減るだろうが、売れ行きがやや改善という新聞論調に反して、事態はあまり明るい状態ではない。
販売を終了させられないと費用がかかり続け、人も張り付けておかなければならない。
そんな中、広告予算は限られるので、現地付近での資料配布など方法論は限られる。

現在、値引き住戸のクローズド販売についてのアンケート調査を行っているが、
https://www.sumai-surfin.com/enquete/enquete.php?e=33
会員制という利点を活かして、売主と買主がWIN-WINになれる落としどころはないかと模索している。売主サイドとしてはブランド価値の低下は避けたいし、値引きの実態は知られたくないところなので、簡単ではない。でも、ブランドのファミリーセールをネットで展開するGiltなどはあるし、譲歩できる線はあるのかもしれない。皆さんの意見に耳を傾けながら、いい方法を見出してみたいと思っている。

連載コラム

特集

もっと見る