東京都多摩市のマンションの解説

■東京・多摩市のマンション
 2015年、東京都多摩市で販売された新築マンションは470戸。同市で昨年販売した新築マンション相場価格は3360万円〜4740万円。同市内の中古マンション相場価格は2850万円~3170万円だった。
 多摩市の2016年12月現在の人口は、14万8290人。総世帯数は7万0312世帯だ。

 多摩市は、東京都心から約30~35km圏の東京都西部に位置し、いわゆる多摩丘陵の北端部にあり、北は多摩川をはさんで府中市に接し、東は稲城市、南は神奈川県川崎市と町田市、西は八王子市と日野市にそれぞれ接する。総面積は21.01平方キロメートル。

 多摩市の母体は、明治22年4月1日の市町村制の施行にともなって旧8ヶ村とふたつの飛び地が合併して多摩村が誕生したことが始まり。1964年(昭和39年)4月1日に町制施行で多摩町になり、1971年(昭和46年)11月1日の市制施行により多摩市となった。

 1960年代、高度経済成長期にあった日本では、東京都への人口・産業の一極集中により、住宅不足が深刻な問題となった。この問題を解決するため、東京都多摩市・八王子市・稲城市・町田市に広がる多摩丘陵に計画的住宅市街地を建設し、良質な住宅を大量に供給することを目的として、1965年に「多摩ニュータウン」事業が始まった。
 1965年から約40年間にわたって開発された多摩ニュータウンは、国内最大級のニュータウンとして、22万人(うち多摩市エリアは約10万人)が住む都市となった。

 ただ、近年は初期入居者を中心とした高齢化が問題視されている。これに伴って少子化が急速に進み、小中学校の統廃合が行なわれている。

 1990年、多摩センターに国内初の屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド」がオープン。2003年に多摩センター地区を「ハローキティにあえる街」と制定し、ハローキティを「多摩センター親善大使」に任命している。

 多摩市を代表する多摩ニュータウンだが、商業地区である京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅周辺が、多摩市のもうひとつの顔だ。多摩センター駅周辺も商業地だが、駅周辺には住居や地元商店街などがなく、計画的に配置された商業ビジネス街区。多摩センター駅周辺の商業エリアは地盤沈下が激しく、三越百貨店多摩センター店は2017年3月末で閉店する予定だ。

 それに対して聖蹟桜ヶ丘駅周辺は、昔からの商店のほか京王百貨店、新しい商業ビルが混在する街並み。もちろん駅から徒歩圏にマンションが数多く建ち、徒歩圏に戸建て住宅地も多い。スタジオジブリ映画「耳をすませば」の舞台にもなった駅から南の高台に足を伸ばすと、かつて京王電鉄が開発分譲した、高台頂点から放射状に瀟洒な高級戸建て住宅地が広がる。

 多摩市内にはJRの駅がなく、市内を走る鉄道は、京王線本線と京王相模原線、小田急多摩線、そして多摩都市モノレールだ。このモノレールの南端が多摩市だが、さらに南の町田市への延伸計画が進んでいる。

多摩市のマンションをもっと見る

連載コラム

特集

もっと見る