埼玉県さいたま市緑区のマンションの解説

■さいたま市・緑区のマンション
 2015年、さいたま市緑区で販売された新築マンションは380戸。同区で昨年販売した新築マンション相場価格は3680万円〜4250万円だった。同区内の中古マンション相場価格は2540万円~2630万円。

 2016年11月現在、さいたま市緑区の人口は、さいたま市の発表によると12万0583人。総世帯数は4万9818世帯だ。同区の人口は、後述する計画人口3万人の「みそのウィングシティ」などの開発で漸増している。さいたま市の構想では、2021年ごろに、同区の人口は14万人を超えるとされる。
 同区の総面積は26.44平方キロメートル。さいたま市10区で4番目に広い自治区である。

 緑区はさいたま市の南東部に位置し、台地と低地からなる。1889年(明治22年)、町村制の施行で現在の緑区エリアに谷田、尾間木、三室、野田、大門の5つの村ができた。その後、それらの村が浦和町、浦和市に合併していく。1973年(昭和48年)、JR武蔵野線の開業。同区の区画整理、大牧三室線、国道463号線の整備などで都市化が進み、東浦和駅周辺や三室地区を中心に宅地化が進んだ。

 同区内には綾瀬川、芝川、見沼代用水東縁・西縁などが流れ、その四季折々の豊かな表情が人々を楽しませている。なかでも、見沼代用水西縁・東縁はサクラの名所で、お花見スポットとして親しまれる

 2001年(平成13年)5月に、旧浦和市は大宮市などと合併してさいたま市が誕生。2003年(平成15年)、さいたま市は政令指定都市となり、旧浦和市は4つの自治区となり緑区が誕生した。東北自動車浦和インターがあり、東北の玄関口となっている。

 また、2001年(平成13年)に地下鉄埼玉高速鉄道線が開通し、その先に、アジア最大級と言われる、埼玉スタジアム2002がある。そこでは、2002年(平成14年)にFIFAサッカーワールドカップ大会4試合が開催された。2006年(平成18年)みそのウィングシティが街開きし、イオンモール浦和美園がオープンした。現在、緑豊かな落ち着いた住宅地となっている。

 また、江戸時代から続く植木・苗木・花木産業が盛んに行なわれ、良好な住宅地や都市型生活機能、緑豊かな自然環境が調和した首都圏でも貴重な地区だ。公園、福祉、文化、スポーツ、環境の施設も次々に整備され風格のある都市となってきた。

さいたま市緑区のマンションをもっと見る

連載コラム

特集

もっと見る